柿木園鍼灸治療院

〇才以上の80%がなる目の病気「白内障」

白内障

白内障とは

目の中の水晶体という組織が

混濁して視力が低下してくる疾患です。

 

少子高齢化の影響は

白内障の患者さんの増加でもよくわかります。

近年老人性白内障は増加しています。

 

早い場合は40代でも発症する事があります。

60代で60%~70%の人が白内障になり

80代ではほぼ100%の人がかかっているといわれます。

 

 

白内障の原因

加齢による老人性のものだけではなく

先天的なものによるものや

糖尿病などの代謝異常に伴うもの

目の病気によるもの

外傷性のものなど様々です。

 

 

白内障の症状

白内障は初期症状は全くありません。

 

徐々に進行していくと「まぶしい」という症状が

現れるようになります。

 

そこからまた更に進行すると

ハッキリ物が見えなくなってきます。

 

視力が低下すると

日常生活でとても不自由が生じます。

 

白内障に一度なってしまうと

今現在は手術以外に治療法はありません。

 

目薬などで進行を遅らせることは出来ますが
最終的には濁った水晶体を取り出し新たに眼内レンズを挿入します。

 

白内障と糖尿病

老人性白内障がほとんどですが

糖尿病(2型)などの患者さんは白内障が発生しやすいと言われています。

 

生活習慣病の予防が

白内障の予防や発生時期を遅らせることにつながります。

 

日頃から適度な運動や

規則正しい生活サイクル

バランスの取れた食事などを心がけましょう!

ご予約・お問合せ