柿木園鍼灸治療院

老眼の原因のまとめ

%e8%80%81%e7%9c%bc%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97

老眼の原因のまとめ

老眼は加齢によって起こる眼の機能の衰えで

年を重ねていけば誰でも起こります。

 

たいていの人は40歳前後に自覚症状が現れ始め

徐々に症状が明確になり

45歳前後で老眼鏡を使い始めることが多いようです。

 

 

老眼の仕組み

眼の中の仕組みはカメラに似ています。

 

カメラのレンズにあたる水晶体には毛様体小帯という繊維

すなわち紐のようなものが繋がっています。

 

毛様体小帯はさらに毛様体筋という筋肉に繋がっていて

この筋肉が緊張したり緩んだりすることで

レンズの厚さを変えてピントを調節しているのです。

 

近くを見るときには

毛様体筋がぎゅっと緊張(収縮)することで水晶体が厚くなり

近くのものに焦点を合わせることができます。

 

この調節機能は若いときには早くスムーズに行えるのですが

年齢とともに水晶体がかたくなり

毛様体小帯がゆるんでも水晶体を厚くすることができなくなってきます。

 

また、毛様体筋も加齢によって衰えてきますし

この毛様体筋の調節には自律神経が関わっていますから

様々なストレスなどでも不調をきたします。

 

いくつかの理由があって

良いタイミングで十分な厚さまで水晶体が厚くなれず

近くものに焦点が合いにくくなっていくのです。

 

また生活習慣の中で常に近くを見る状態が続くと

毛様体筋はずっと力を入れて頑張っていることになります。

 

毛様体筋の力が衰えてきている状態で

頑張ってピントを合わせ続けようとすると

より疲れを感じることが多いかもしれません。

 

 

<若い人にも老眼に似た症状が>

PCやスマートフォンは人々の生活には欠かせない道具となりました。

しかし、長時間の使用は眼を疲れさせます。

 

特にスマートフォンは眼と画面との距離が近く

長時間使用していることでピントを合わせるために

毛様体筋が疲れてしまいます。

 

また、まばたきが減ってドライアイになりやすいため

眼に慢性的な負担がかかります。

 

その結果、若い人であっても

老眼と近い症状を呈することがあります。

ご予約・お問合せ