柿木園鍼灸治療院

老眼の治療のまとめ

%e8%80%81%e7%9c%bc%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97

老眼の治療

老眼は人間の加齢による生理現象ですから

基本的には治療によって治るものではありません。

 

適切な老眼鏡やコンタクトレンズで矯正するというのが

一般的な対処方法になりますが

近年は外科的な治療も行われています。

 

 

<老眼鏡/コンタクトレンズ>

安価なものから高価なものまでいろいろなものがありますが

基本は眼科医に適切な処方箋を書いてもらい、購入することです。

 

元々近視や乱視、遠視などがある場合も

どういった眼鏡をつくるのか検討が必要です。

 

最近では、遠近両用のコンタクトレンズの種類も豊富です。

 

見えやすさはもちろん、ずっと使用するのか、仕事で必要なのか、運転はするのか

など生活スタイルも考慮して選ぶことも大切ですから

眼科や眼鏡店に相談してみましょう。

 

 

<外科的な治療>

・レーシック
レーシックはレーザーで角膜の形状を変化させることで

視力の矯正を行う治療です。

 

近視や遠視、乱視の矯正に使われてきましたが

老眼治療に用いる場合もあります。

 

 

・眼内コンタクトレンズ
眼内コンタクトレンズは、その名のとおり

眼の中に移植をするコンタクトレンズです。

 

角膜の外側を切開して、そこからレンズを挿入します。

レーシックと異なるのは、角膜そのものに傷がつかないことです。

 

もし万が一不都合があった場合は

レンズを取り出すことができる可逆性がある(手術前の状態に戻すことができる)治療方法です。

 

 

・アキュフォーカスリング
角膜の中に、安全に染色した黒いリングを入れます。

すると、ピンホール効果で近くが見やすくなるのです。

 

小さな穴を覗いて物をみると大変クリアにみえます。

ピンで刺したほどの大きさの穴(ホール)の効果ということで

ピンホール効果というのです。

 

通常の場面では入ってくる光が多いため

一か所に光を集めるために毛様体筋がしっかり緊張して水晶体を厚くする必要があります。

 

しかし、ピンホールでは入ってくる光が少ないので

水晶体をそこまで厚くしなくても良いため

普段よりも楽に調整することができます。

 

フォーカスリングも万が一不都合があった場合は
リングを取り出すことができ、可逆性がある(手術前の状態に戻すことができる)治療方法です。

 

 

いずれの方法にしても、それぞれにメリット・デメリットがあります。

医師の説明を受け、きちんと確認し納得してから選ぶことが大切でしょう。

 

 

ご予約・お問合せ