柿木園鍼灸治療院

肩こりの自覚症状について

こんにちは。
前回は、肩関節周囲炎の簡単な概要について説明しました。
では、日々の自覚症状の進行はどんな感じでしょうか。

凝りや自覚症状は、もちろん状況によって異なります。

しかし、筋力がアンバランスになることで
姿勢が崩れると骨格が歪み、負担のかかる箇所が出てきます。

普段、ほとんどの人が自分のとりやすい姿勢を使って生活をしているので
しだいに筋力にアンバランスが生じます。

例えば背中のしんどさを例にすれば、
巻き肩体勢のように、普段は後ろに反るよりも前屈みになったりする方が多かったりしますが、
前屈みになると背中の筋肉が引っ張られて来ます。

この状態が
長い時間続くと自覚症状が、
背中や肩まわりに現れてきます。

そのせいで背中の筋肉が伸ばされ続けてしまい、
しんどくなってきます。

いい姿勢を意識しすぎたりして
無駄な力を使ってしまって症状がでる場合もありますが、
基本的にいい姿勢を覚えてしまえば格段に症状は出にくくなります。

以下に、理想的ないい座り姿勢を解説します。

ポイントは、骨盤を立てること。
前かがみでお尻を一番後ろまでグイッと引いて座ることです。

こうして座ってから体を起こすと、背もたれに支えられて骨盤が立つので、
その上にある背骨もまっすぐ伸びます。
そのため、いい姿勢を保ちやすくなります。

皆さんも実践してみて下さい。

ご予約・お問合せ