柿木園鍼灸治療院

肩こりはストレスのせい❓

仕事や学業が行き(息?)詰まる時に、
なぜかつい肩に手がいくほど重だるくなっていた
なんて経験はないですか?

じつは、ストレスと肩コリとは、かなり密接に関わってます。

ストレスが原因の肩こりの特徴は

・首や肩がガチガチ
・背中の筋肉も張るように痛む
・背中が板のように固く、重い
・凝りから、頭痛やめまい、吐き気などが起こる
・全身が重く、倦怠感がある
・寝てもすっきりせず、疲れやすい
・緊張で、ひどくなる傾向がある

◽︎ストレスによる肩こりの治療法

日々のストレス自体を解消することは簡単ではありません。
そのため、うまく発散することがポイントですね。
また、肩や腰、首周りの筋肉をほぐすことも大切です。

1:お風呂で身体を温める

身体を温めることは肩こりに有効です。
湯船に浸かって全身を温めることはより効果が期待できます。
凝りは肩の血流が悪くなることでおこるので、全身の血流をよくすれば、肩こり改善にもつながります。

身体を温めることは「副交感神経」を優位にはたらかせることにもなります。
単純にいえば、リラックスさせます。

2:気分転換にどこか出かける

ストレス解消には気分転換が一番です。
意識の中にストレスとなるものをためこまないようにします。
一日普段とは違う場所に出かけてみたり、自然の澄んだ空気を思い切り吸うことで、心も体されます。

3:趣味や好きなことをする

思い切り身体を動かしたり、大きな声を出したり、たくさん笑うことはストレス解消につながります。
ストレスがたまってつらいと感じたら、たまに自分の好きなことをする時間をもつことも大切です。

4:思い切りゆっくり休む

ゆっくり休むことは「副交感神経」を優位にさせるため有効です。
ゆっくり休むことで全身の筋肉が弛緩するため、肩こりの改善につながります。
たまには休日にゆったりと過ごすことも必要です。

5:適度な運動

適度な運動で身体を動かすことは、全身の血行を改善することにつながります。
とくに全身運動であるウォーキングやスイミングなどの有酸素運動、ストレッチなどは効果的です。
肩や首周りの筋肉を動かし血流をよくすることはもちろん、全身の血行をよくすることも大切です。
疲れを感じない程度に気持ちよく運動を取り入れ、全身の筋肉をほぐしましょう。

6:マッサージ

凝った部分を直接マッサージしてほぐすことも効果的です。

◽︎予防法

予防法としては、軽い運動やストレッチを日常生活に取り入れることが大切です。

また、日ごろシャワーだけで済ませている人は、湯船に浸かる習慣を身に着けるとよいです。
全身をゆったりと湯船で温めることで、中心部まで温まるとともに、副交感神経も優位にさせることができます。

日常生活にちょっとしたことを取り入れるだけでも肩こりの予防になりますよ!

ご予約・お問合せ