柿木園鍼灸治療院

頭痛症状のまとめ

 

頭痛症状のまとめ

頭痛には
一次性頭痛(病気が原因ではないのに繰り返し起こる頭痛)と
二次性頭痛(病気が原因で起こる頭痛)
の大きく2つに分けられます。

同じ頭痛でもそれぞれ痛み方や要因は違います。

 

一次性頭痛

一次性頭痛の主な頭痛の種類として
片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛があります。

片頭痛

ズキズキと脈を打つような痛みがあり
血管が拡張することでこのような痛みが生じます。

頭痛が起こる前にギザギザした光が見える等の
前兆がある場合と前兆のない場合があります。
また、吐き気を伴う方もいます。

緊張型頭痛

一次性頭痛の中で最も患者数が多いと言われています。
頭を覆っている筋肉が緊張し
後頭部~頭の両側~首筋にかけて締めつけられるような
痛みが続きます。

首こりや肩こりを併発していることが多く
めまいを伴う方もいます。

群発頭痛

群発頭痛はよく“目がえぐられるような痛み”と例えられるほど
かなりの激痛が発生します。

季節の変わり目などに発症する方も多く
一度発生すると1~2ヶ月ほど同じような
時間帯に痛みが起こります。

この一定期間の発生時期が過ぎると
頭痛は起きなくなります。

目の充血や涙が出たり
鼻水を伴うことがあります。

 

二次性頭痛

病気が原因で起こる頭痛のため
命に関わる危険性があります。

下記以外にも頭痛が予兆として
現れる病気もあります。

普段頭痛がないのに
突然強い痛みに襲われた場合や頭痛持ちの方でも
いつもと違う頭痛を感じた場合には
医療機関で受診してください。

くも膜下出血

突然激しい痛みが起こり意識を
失うこともあります。

殴られたような痛み
めまいや気が遠くなる等の異変を感じます。

髄膜炎

高熱や嘔吐を伴うことが多いです。
時間が経つと意識障害や痙攣を引き起こし
危ない状態になってしまいます。

脳腫瘍

1ヶ月ほどの間に痛みが
どんどん増して進行していきます。

痙攣、手足の麻痺、めまいや
記憶力・判断力の低下といった症状も出てきます。

二日酔い

二日酔いによる頭痛も二次性頭痛に該当しますが
この場合は時間が経つと治るため病院に行く必要はありません。

アルコールが代謝される際に
発生するアセトアルデヒドの増加が
頭痛を引き起こします。

ご予約・お問合せ