柿木園鍼灸治療院

目を酷使してる人へのツボは「魚腰」

目を酷使するとその疲れは
目だけでなく肩にも蔓延します。

目の使い過ぎは視神経が働きっぱなしの状態です。

そうすると周辺の筋肉は血流が悪くなり
疲労物質を上手く流すことが出来なくなるので
硬くなります。

涙の量まで影響してしまい
少なくなってしまいます。

 

魚の眼

目を動かす筋肉や
レンズ調節をする筋肉が
緊張することが原因で頭の横にある
側頭筋や背中の僧帽筋
首の後ろの筋肉まで痛みを生じます。

テレビの見過ぎや
デスクワークのし過ぎでこのような症状が起こります。

こんな時には目元を軽く指の腹でマッサージするのが
オススメです!

こめかみ部分にある太陽というツボや
眉毛の真ん中あたりにある魚腰(ぎょよう)というツボも
疲労回復にオススメなのでマッサージしましょう!

後頭部と首の境目も疲れやすいので
この部分も忘れずに。

ここは自分で親指を置きぐーっと上に向けて押します。
更にホットタオルを使って
目元、首元を温めたるのも良いでしょう。

柿木園鍼灸・整体院
院長 柿木園(かきのきぞの)純平

070-1034-7782
info@kakinokizono.com

〈アクセス〉
・新宿御苑前から徒歩2分
・新宿三丁目駅から徒歩6分
・新宿駅から徒歩13分

ご予約・お問合せ