柿木園鍼灸治療院

交通事故、むちうち、後遺症の恐怖

今現在交通事故によるむちうちの患者さんは
20〜30万人いるそうです。

これだけ交通事故が多いという事ですよね。

このむちうち、どんな症状が出るがご存知ですか?
交通事故にあったのに病院にいってない方もいると思います。

その時に痛みが無くても一度病院には行ってくださいね。

では、むちうちの症状を説明していきます。
一般的に整形外科などでは「頸椎捻挫」と診断されます。
文字通りムチのように首がしなることによって起こります。

不自然な水平方向の衝撃により
重たい頭部を支える首の筋肉や靭帯、軟骨は損傷します。

首や肩の痛みだけではなく、
しびれやめまいまで引き起こす事があります。

ひどい場合は麻痺してしまうこともあります。
このような症状が出ていてもレントゲンに異常を認められないこともあります。

鍼灸治療は損傷した首回りの筋肉を緩め
痛みを改善するのに適しています。

長期リハビリをしていても
むちうちが治らないという人は
一度鍼灸を試してみるのも良いでしょう。

後遺症にならないように早めに治療を始めましょう!

古い車

 

少し話は変わりまして
交通事故後の治療の変化についてお話します。

交通事故でむちうちになり
何ヶ月も症状が改善しないという方
どんな治療をしていますか?

30年程前までは交通事故で首を痛めてしまった場合は
必ずといっていいほど首固定をしていました。

一度は見たことがある
首にスポンジ性の固定を巻きつけた治療です。

あのスポンジ固定具を頚椎カラーといいます。

本来交通事故で痛めてしまった首を固定し
頭を支える為のものですが
頚椎カラーをしている人は治療期間が長くなっているようです。

実際、本人の症状と所見と検査の調査結果では
固定をすることで患者さん本人が重圧感を感じてしまっているそうです。

今では頚椎カラーを使用しないほうが治療期間も短く治りも良いと言われ
この治療法は無くなってきています。

首を痛めて改善しないまま生活をしていると
可動域が狭くなり、更に首肩周りの緊張が強くなります。

長期化するむちうち症状を早めに改善する為にも
しっかり治療を重ねるが大切です。

柿木園鍼灸・整体院
院長 柿木園(かきのきぞの)純平

070-1034-7782
info@kakinokizono.com

〈アクセス〉
・新宿御苑前から徒歩2分
・新宿三丁目駅から徒歩6分
・新宿駅から徒歩13分

ご予約・お問合せ