柿木園鍼灸治療院

錦織圭も経験。肩と肘の痛みの消し方。

テニス肘と診断されたのに
私はテニスをしたことが無い!
と思っている人沢山いると思います。

テニス肘は上腕骨外側上顆炎の事だからです。
外側上顆はテニスのバックハンドでボールを打つ時のように
手首を返す動きで使用する筋や腱の付着部分です。

この部位の痛みを総称でテニス肘と呼んでいます。

 

テニス肘コート

わかりやすいと言えばわかりやすいですが
テニスをしていない人には「なんでテニス肘?!」と思ってしまいます。

テニスプレーヤーもなりますが
これは手をよく使う(手首)人に多く見られます。

五十肩の治療でもそうですが
本来であれば安静にしておきたい所。

でも日常生活で手を使わないで
生活することは困難です。

治りにくい原因になっています。

外側上顆には前腕の伸筋群が付着しているので
付着部分だけでなく前腕の筋腹も緊張を緩めることが大切です。

ストレッチやマッサージも有効ですが
酷い場合はバンドで固定するのも有効です。

自分にあった治療法がわからない方はご相談ください。

柿木園鍼灸・整体院
院長 柿木園(かきのきぞの)純平

070-1034-7782
info@kakinokizono.com

〈アクセス〉
・新宿御苑前から徒歩2分
・新宿三丁目駅から徒歩6分
・新宿駅から徒歩13分

ご予約・お問合せ