柿木園鍼灸治療院

2大頭痛の「偏頭痛」と「緊張性頭痛」の違い

今現在3人に1人が頭痛持ち
と言われるほど頭痛持ちの人が多くなっています。

頭痛には種類があります。

種類があるということは対処方法も違います。

緊張型頭痛、片頭痛、群発性頭痛などなど
頭痛って片頭痛だけかと思った!という人もいるはず。

 

今回は緊張型頭痛のお話をしていきます。
緊張型頭痛は頭が締め付けられるような鈍い痛みが特徴です。
慢性頭痛の中では最も多い頭痛で、
ストレスや無理な姿勢、首肩こりが原因で起こります。
首や肩だけでなく側頭部や後頭部も緊張します。

緊張した筋肉内の老廃物が
頭部周辺の神経を刺激し痛みを起こします。

慢性的に頭痛がある人は病院で頭痛薬だけでなく
筋肉の弛緩剤も貰うこともあります。

この緊張型の頭痛は筋肉の緊張を緩める事がとても重要です。

マッサージや入浴で血行を良くするのも良いですし
日頃ストレスを感じるのであれば
自分にあったリラックス方法を見つけましょう!

続きまして片頭痛はどんな頭痛なのかお話します。

片頭痛は脈打つような
ズキンズキンとした痛みが発作的に起こる頭痛です。

吐き気がしたりちょっとした光が眩しく感じたり
普段なら気にならない音でもうるさく感じたりします。

頭部の血管が拡張し炎症を起こすことで痛みを感じます。

この頭痛で注意したいのは緊張型頭痛と同じ対処法をしてしまうと
症状が悪化してしまうということです。

温めたり、ほぐしたりしてはいけません。

片頭痛がひどい時にはこめかみ部分や後頭部を冷やしましょう。
そして光や音を遮断し安静になれる環境を作りましょう。
これらは拡張した血管を収縮させるためです。

頻繁に片頭痛が起こる人は頭痛日記をつけて、
どの頻度で起きているか、どの時間帯に多いか知ることも大切です。

その日の天気や睡眠状況も記入しておくと
自分の頭痛の傾向がわかりますよ。

柿木園鍼灸・整体院
院長 柿木園(かきのきぞの)純平

070-1034-7782
info@kakinokizono.com

〈アクセス〉
・新宿御苑前から徒歩2分
・新宿三丁目駅から徒歩6分
・新宿駅から徒歩13分

ご予約・お問合せ