柿木園鍼灸治療院

知らないと損する「首のヘルニア」マル秘情報

首もヘルニアになります。
首にも椎間板があるから。

ヘルニアというと
腰椎椎間板ヘルニアをイメージしませんか?

全ての椎骨の間には椎間板があります。

この椎間板はクッションの役割をしています。

 

キリンヘルニア

身体をあらゆる方向に捻ることが出来るのは
椎間板が衝撃を吸収してくれている為です。

椎間板は繊維輪という繊維軟骨が
ゼリー状の髄核というものを覆っています。

椎間板に強い負荷がかかると
繊維輪から髄核が飛び出てしまいます。

その飛び出た髄核が神経を圧迫してしまうと
首まわりの痛みだけではなく
指先まで痺れたり
手に力が入りにくくなったりします。

髄核はどの位飛び出ているか
どの位神経に触れてしまっているか
髄核の飛び出ている方向がどの方向かによって
身体の症状は全然違います。

レントゲンでは異常がないと言われた人でも
MRIを撮ると神経の圧迫が見れたりします。

ヘルニアでお困りの人は鍼灸治療もおすすめです。

特に鍼は指ではなかなかほぐせない
頚椎の隙間をアプローチすることが出来ます。

長年首の痛みなどでお困りの方、ご相談ください。

柿木園鍼灸・整体院
院長 柿木園(かきのきぞの)純平

070-1034-7782
info@kakinokizono.com

〈アクセス〉
・新宿御苑前から徒歩2分
・新宿三丁目駅から徒歩6分
・新宿駅から徒歩13分

ご予約・お問合せ