柿木園鍼灸治療院

あなたの肩こりの原因は「肝熱」かも?

あなたの肩こりは「肝熱」が原因かも。

肝熱は東洋医学で使われている言葉です。

レバー焼き鳥

 

肝熱が高いタイプの人は怒りっぽかったり
緊張しやすい、精神的ストレスがたまっている
目が充血している、頭痛になりやすい
首肩こりがある、顔面が紅潮している
などの症状があります。

肝臓は血液を解毒する場でもあり
ストレスを受け止める場でもあり
アルコールを分解する場でもあり
血液を全身に送る役目もあります。

沢山働くことはあっても
なかなか休息を取ることの出来ない臓器です。

肝熱がある人は肝を休める必要があります。
肝臓は1日の終わりに血液を臓器に戻します。

そしてその間に血液をキレイにし
次の日に備えます。

この肝臓の休息期間に休む(眠る)事が出来ないと
肝熱はたまってしまいます。

肝熱がたまると頭部、首肩に症状が出ます。

上記の症状がある人は自分の睡眠時間を見直してみましょう。

少なすぎてもダメですし
昼夜逆転の生活をしていれば睡眠時間を取っていてもダメですよ。

ゆっくり身体と肝を休める時間を作りましょう!

肝について、もう少し詳しくお話します。

肝タイプでも首や肩に症状がでますが
心タイプでも同様の症状が出る事があります。

東洋医学では心は人間の精神活動と深く関わっている臓器です。

心臓は「心の臓」と書くように、まさに「こころ」に関係しています。

動機や息切れを感じることが多かったり
胸に締め付けられるような痛みを感じたり
手足のむくみを感じたり、多汗の人は心タイプかもしれません。

このタイプの人は首や肩に強いコリがあったり
心臓の後ろ側の左の肩甲骨周辺にコリがあったりします。

心臓の働きが悪いので身体はとても疲れやすい傾向にあります。

日々ストレスを感じている人は
左の肩甲骨周辺に痛みを感じた事があると思います。

それは心臓に負担をかけている証拠です。

実際治療に来た心タイプの人は繊細な人や
周囲にとても気を使える人に多かったです。

肝タイプと心タイプでは痛みの出方が違いますが
どちらのタイプの人にも言えるのは
自分のリラックス出来る時間を持ち
しっかり睡眠時間を確保して欲しいということです。

質の良い睡眠が取れる環境づくりも大切です。

柿木園鍼灸・整体院
院長 柿木園(かきのきぞの)純平

070-1034-7782
info@kakinokizono.com

〈アクセス〉
・新宿御苑前から徒歩2分
・新宿三丁目駅から徒歩6分
・新宿駅から徒歩13分

ご予約・お問合せ