柿木園鍼灸治療院

これを読めば五十肩の全てが分かる

腕が上がらない
髪の毛を結べない
洋服を着るのがツラい
エプロンのリボンを結べない

もし、こんな症状があるなら
あなたの肩は肩関節周囲炎(五十肩)かもしれません。

肩関節周囲炎は簡単に四十肩・五十肩と呼ばれています。
これ四十代だから四十肩になるとかそういうことではありません。

患者さんで
「私はまだ二十代なのに…なんで五十肩になるんですか!!」
とおっしゃってる人がいましたが
年代関係なく肩関節周囲の炎症は
わかりやすいネーミングの四十肩・五十肩と呼んでしまいます。

この五十肩の症状をあげていきますので、
自分の今の症状に当てはまるか確認してみてください。
・結髪、結帯動作が出来ない。
・洋服の着脱が困難
・棚の上の物が取れない
・ちょっとした腕の角度で激痛が走る
・夜眠れないほど痛い(夜間痛)
・腕を動かしていないのに痛い(安静時痛、自発痛)
・肩から腕にかけて熱っぽさや、腫れ感がある

などの症状が起こります。

 

女腕痛み五十肩

五十肩は急性期〜慢性期〜回復期と
発生してから回復するまでに3段階があります。

①急性期は2週間程度ですが
肩に熱感があったり動かさなくてもズキズキと痛んだり、
夜寝返りがうてないほど痛んだりします。

炎症がある時期は少し腕を動かすだけで激痛が走ったり
もしくは腕を動かすことの出来ない人もいます。

この時期に大切なのは腕を動かさないで
安静にするということです。

酷い場合は三角巾で腕を吊ることもあります。
荷物を持ったりする事もしないでください。

②次に慢性期の時期が来ます。
この時期は症状によってはとても長い期間になります。

急性期の炎症が治まると
その期間動かさなかった腕は拘縮しはじめます。

激痛は一旦おさまるものの
今度は関節可動域制限に悩まされます。

可動域が低下したまま拘縮すると
治療期間はとても長くなるので
この時期に運動療法で関節可動域を広げる治療をします。

固まってしまった腕をほぐしながら動かしていくので
痛みを伴います。

③最後に回復期です。
この時期になるとようやく痛みや関節可動域の制限がなくなってきます。

本当に長い人では回復期に至るまでに1年以上かかる人もいます。
五十肩はほおっておいても勝手に治ってしまうこともあります。

でも殆どの人は回復期に至るまでに肩関節が拘縮してしまい
痛みがなくなった頃には腕が全然動かないという状態に
なってしまいます。

では次に
五十肩の治療法を書いていきます。

五十肩慢性期の運動療法について
お伝えしていきます。

まず急性期には安静やアイシングが必要な事は書きましたが
その後は痛みはおさまるが関節が動かないという慢性期に入ります。

この慢性期(拘縮期)の運動療法について説明していきます。
この時期の運動療法のやり方次第で
回復期の腕のあがり具合は全然違います。

当院ではベッドに寝た状態で
腕の内旋、外旋や挙上動作などをサポートしながら動かしていきます。

固まってしまった肩関節周りから
腕を剥がすように少しずつ動かしていきます。

動きが出てきたらストレッチをしたりマッサージを行ったりします。

この運動療法は少し痛みを伴うことがあります。
拘縮してしまって動かない腕を動かす訳ですから
全く痛みの無い治療というのは難しいのです。

でも、この様な治療を繰り返し繰り返し行っていかないといけないのです。

肩関節周りの血流を良くするために
指先から前腕、上腕をほぐして動きやすい状態にする事はあります。

五十肩の症状が長期に渡って続いている人は
動かない上腕の動きを補うために前腕や手首をよく使う様になります。

これにより殆どの人が肘や手首にも痛みが出ています。

初めは肩関節周りだけだった痛みが
腕全体に広がっている…ということは稀ではありません。

その為運動療法だけでなく
腕全体の血行を良くする為に末端からほぐしていきます。

運動療法は少しだけ痛みを伴う治療なので
治療後一時的に痛みが強くなる事があります。

この時は無理して続けないでください。
アイシングなどをする事も必要な場合があります。

運動療法は回数や動かす方向などがとても重要です。
痛みと症状をみて治療内容を変えていく必要があるので
ご自身で腕を動かすのは注意が必要です。

次はセルフケアをお伝えします。

五十肩の自宅で出来るセルフケアの一つに「
コッドマン体操」(振り子運動やアイロン体操とも言います)と言うものがあります。

これは自宅で簡単に出来るので
五十肩の患者さんにお伝えしています。

まずは肩関節周りを温めて血行を良くしておきます。
500mlのペットボトルを痛みのある腕側の手で持ちます。

痛みの無い方の手は腰の高さくらいのテーブルに手をつき
前傾姿勢になります。

ペットボトルを持った手はだらりとする事がポイントです。
ここで力を入れてはいけません。

そして上手く上半身を使いながら腕を揺らします。
ここでとても重要なのが自分の腕の力で手を動かさないということです!!
非常に大切なポイントです!

イメージとしては子供が駄々をこねるときに
上体を捻って手をブラブラさせるときのようなイメージです。

患者さんに伝えて一度動きの確認をしますが
意外にこれが上手くいかないんです。

初めは小さくペットボトルを振り
少しずつ大きく振っていきます。

回数も少しずつ増やしていきます。

スタートは10回位でOKです。

前後に腕を振ってみて痛みが無ければ
今度は左右に振るのもやってみてください。

比較的痛みの出にくい体操ですが
この体操で痛みが出たら中止するのを忘れないでください。

無理して行うものではありません。

とても簡単に出来るコッドマン体操ですが
ちゃんと意味があります。

肩関節周りの軟部組織の硬さを改善する
肩甲骨と上腕骨の動きを改善する目的があります。

腕の筋肉を収縮させないので炎症が起きる可能性も少なく
安全に自宅ケアが出来ます。

その他にも痛い側の腕が壁側に来るように立ち
指は壁をつたわせ少しずつ腕を上げてい
壁つたい体操もあります。

これも上腕の力は脱力させた状態で行います。
そしてこれ以上上がらないという所まできたら
少しだけ上半身を壁によりかかるようにして
腕の付け根をストレッチします。

どちらの体操も痛みが強い場合は行わないでください。
適切な治療と自宅ケアで関節の拘縮を予防しましょう!

ご予約・お問合せ