柿木園鍼灸治療院

手首が痛くなったことがある人は読まないと後悔する。

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)とは
手の正中(せいちゅう)神経が
手関節前側の手根管内で圧迫されておこる疾患です。

手を酷使する中年層の女性に好発します。
また妊娠や出産期などに起こることもあります(女性ホルモンの影響により)。

怪我や腱鞘炎などで手関節部分にむくみが出た際にも
正中神経を圧迫し手根管症候群になる事があります。

手の平側の関節部にある
手根骨と横手根靱帯(屈筋支帯)で囲まれた手根管というトンネルの中を
1本の正中神経
9本の指を動かす筋肉の腱が通っています。

手首の動きによってこのトンネルの中で
正中神経が圧迫された時に指先の痺れや痛みが出ます。

正中神経の支配している
親指、人差し指、中指、薬指の半分の指に症状が出ます。

 

手首 手をつなぐ

症状が悪化すると
母指球部分(親指の付け根付近)の筋萎縮が見られたりします。

OKサインが上手く出来なくなります。

チネルサインという
手根管の中央部・正中神経部分を打腱器で叩くと
指先に痛みが放散する症状が現れます。

診断時にこの様な確認をします。

他にも手首を曲げた状態で両手の甲を合わせると
しびれが増強するかも確認していきます。(ファーレンテスト)

肘関節付近まで痛みが発生することもあるので
首や上肢の疾患との区別が必要です。

首や腕の運動でしびれの増強などはみられないのが特徴的です。

産後のママで手首に痛みを抱えている人が当院にも来院します。

中には赤ちゃんを抱っこしたいのに
手首が痛くて出来ないという人もいます。

腱鞘炎の痛みを我慢して放っておかないでくださいね。

ご予約・お問合せ