柿木園鍼灸治療院

あなたの眼精疲労の本当の原因と種類はコレです

白衣の女性

 

眼精疲労を強く感じる人が年々増加しています。

運動したり、長時間同じ姿勢をしたりすると
身体は疲れを感じて来ますね。

眼も同じです。
長時間読書をしたり
スマホやパソコンを見たりしていたら疲れを感じます。

この疲れは生理的な現象で病気ではありません。
しかし、この様なケース以外で眼が疲労してしまう事があります。

これは健康な人であればちょっとした「見る」という動作に過ぎないものでも
とても疲労感を感じてしまうのです。

それが眼精疲労です。
眼精疲労はただ単に目の使い過ぎで起きているわけではありません。
精神的なストレスや気持ちの問題も眼を疲れさせてしまいます。

 

眼精疲労の原因

多いのが調節性眼精疲労です。

これは眼のピントを合わせる働きに支障があったり、
酷使させている事が原因で起こります。

乱視や遠視、老眼の初期に起こりやすいものです。

まだ老眼などになっていない若い人でも起こります。

他には結膜炎や角膜炎、緑内障などの病気が原因で眼精疲労が起きたり
眼球を動かす筋肉に過度な負担がかかって
眼精疲労が起きたりといろいろな原因があります。

また神経性の眼精疲労もあります。
これは精神的なものが原因で眼に症状が現れます。

あなたの眼の疲れは何が原因ですか?
原因が沢山ある事を知っておきましょう。

 

眼精疲労の種類

1.眼の機能に関係がある眼精疲労
遠視、乱視、斜視などの調節の異常や
結膜炎や緑内障などの眼の疾患を抱えている事が要因となって起こります。

2.環境に関係がある眼精疲労
照度のあっていない照明をつけている
メガネの度があわないなどの要因で起こります。

3.全身疾患や、体質などの身体に関係がある眼精疲労
過労や脳神経の異常、高血圧、肝臓病、腎臓病、貧血、更年期障害などの要因で起こります。

4.精神的なものが関係している眼精疲労
心身症、神経症、ノイローゼやヒステリー、不安感が要因となり起こります。

 

その他にも細かいものの見過ぎや
パソコン画面の見過ぎ
色彩の強いものの見過ぎなどでも眼精疲労が起きます。

最近よく耳にする
VDT症候群(ビジュアル・ディスプレー・ターミナルシンドローム)は
パソコンの普及によって年々増え続けているのが現状です。

長時間眼を酷使している人が増えています。
まさに現代病と言っても良いでしょう。

何時間もスマホ・パソコンに向かっている人は
こまめに眼の休憩時間を作ってあげましょう。

ご予約・お問合せ