柿木園鍼灸治療院

緑内障とは? 症状・原因・眼圧・予防のまとめ

辛そうに目頭を押さえる女性

目で見た情報を脳に伝達する視神経という器官に障害が起こり、視野(見える範囲)が狭くなったり、視力に障害が起こり、画像を認識できなくなる病気のことです。

治療が遅れると失明に至ることもあります。日本での失明原因の第1位の病気です。(厚生労働省研究班の調査)患者数も多く、40歳以上では20人に1人の割合(40歳以上では全体の約5%)で患者さんがいるという報告もあります。(日本緑内障学会緑内障疫学調査2000年~2001年に岐阜県多治見市)

緑内障は初期段階での自覚症状が少ないので気づいてない人が多く、日本全体で約350万人の罹患者がいると推測されているにも関わらず、定期的に眼科を受診している人が非常に少ないのが実状です。「隠れ緑内障」は失明のリスクが高まります。

同調査でも緑内障に気づかずにいた人が8割を占めていたことも分かりました。年齢とともに増加していくことが知られており、日本の少子高齢化に伴って、今後ますます患者さんの数は増えていくことが予想されます。しかも生活スタイルの変化から、今や中高年の病気ではなく、若年世代でも緑内障のリスクが高まっています。

緑内障の症状は、少しずつ見える範囲が狭くなっていきます。その進行は非常にゆっくりで、両方の目の症状が同時に進行することは稀なので、病気がかなり進行するまで自覚症状はほとんどありません。気づいた時には日常生活に大きな不自由が生じ、失明に至ることもあります。早期発見・早期治療が、快適な生活を送るためには何よりも重要なのです。

自覚症状が出にくいため、コンタクトレンズを作るときに眼圧が高いことがわかり、緑内障を発症していることが発覚するケースも多いようです。

緑内障のおもな直接原因は眼圧が高いことですが、同じ眼圧でも発症する人と発症しない人がいます。同じように、治療によって眼圧を十分に下降させても病気が進行する人と進行しない人がいます。そのため、眼圧が高い=緑内障と簡単に結びつけることができない病気でもあり、視神経が眼圧に対して弱いかどうかも大きく関係があると言われているのです。

残念ながら、病院の医療では、緑内障を発症して失われた視野や視力は、二度と元どおりになることはありません。つまり、緑内障は治る病気ではなく付き合う病気です。

「治らないのだから病院に通う必要はない」と治療を放棄してしまう人がいますが、治療をせずにいると視野がどんどん狭くなり、やがて失明という事態にもなりかねません。日常生活に大きな不自由を生じることになってしまいます。

このサイトでは、緑内障の症状や原因、西洋医学的&東洋医学的なアプローチからのさまざまな治療法、改善法、予防法についてまとめています。

緑内障の症状チェック

緑内障は大きく分けて、慢性緑内障と急性緑内障の2種類があります。

慢性緑内障

慢性緑内障は症状がかなり進行しないと自覚症状がありません。あえて言えば頭痛や肩こり、眼精疲労、また「街灯や蛍光灯の周りに虹がかかる」などの症状です。もし、このような症状がある人は(実際はこのような症状のない人も40歳を過ぎれば)1度は眼科専門医で検査を受けた方が良いと思います。

慢性緑内障には、ゆっくり眼圧上昇していくタイプや、眼圧が正常でも緑内障になる病型などがこれに当たるとされています。なぜ自覚しづらいかというと緑内障の典型的な症状は、視野の一部が見えなくなる視野欠損(視野が部分的に見えなくなる)や視野狭窄(視野が狭くなる)ですが、普段私たちは両目を使って見ているために、片方の眼に見えない部分があっても、もう一方の視野がカバーしてしまうので、視野の異常に気づかないことが多いのです。

異常に気づいたときにはかなり進行していることも少なくありません。緑内障によって一度失われた視野、視力は元に戻すことはできないので、早期発見、早期治療することで緑内障の進行を遅らせることが、その後の生活においてとても重要になります。

急性緑内障

急性緑内障は急激に発症するタイプで、眼圧が正常時の3~5倍ほどに急上昇し、激しい頭痛や眼痛、目の充血やかすみ、視力低下、虹視(電灯をみた際のように視界に虹がみえる)などの症状が現れるとされています。

夕方から夜半にかけて発症しやすいと言われています。目の症状だけでなく、吐気や頭痛などの内科的・脳外科的な症状も出るため、眼疾患だと気付かずに眼科受診が遅れ、失明してしまうというケースもあるそうです。

急性緑内障の発作で、目の充血や角膜の濁りが見られたり、瞳が大きくなっている場合は一刻を争うため、直ちに眼科医を受診するか救急車を呼ぶようにしてください。なお、急性緑内障の大発作の前兆として、軽い頭痛や目の鈍重感、かすみ目などが現れることもあるそうなので注意するようにしてください。

緑内障の初期、中期、後期の症状

●初期の見え方

緑内障の症状としては、目の中心からやや外れたところに視野欠損が生じる、または視野が狭くなるといわれていますが、初期段階で自覚することはまずないといわれています。両目が視力を補い合っていますし、多くの場合進行がゆっくりなので視覚異常に気づきにくく、5年、10年というスパンでだんだん見えなくなっていくことも多いため、初期は特に気づきにくいようです。

●中期の見え方

緑内障中期になると、暗点(見えない部分)が大きくなり、視野欠損が広がっていきますが、中期においても両目が視力を補い合っているため、異常に気づかない人も多いといわれています。パソコンのカーソルに気づきにくくなった、新聞や時刻表など細かい文字が読みにくくなったなど、日常生活での見えにくさや違和感として自覚することもありますが、単なる目の疲れだと軽く考えてしまったりして見過ごしてしまうことも少なくないようです。「視野が欠けているのでは?」と自覚するときには、かなり病状が進行していることが多いといわれています。

●後期の見え方

さらに進行すると、見える部分の方が狭くなっていき、視力も低下して日常生活に支障をきたすようになるといわれています。緑内障を放置したり悪化が進むと、最悪失明に至ることもあるそうです。緑内障の最も恐ろしいところは、病状の進行が常に一方方向であり、悪化することはあっても回復することはないとされる点です。失明に至ってしまった場合でも視力を取り戻すことはできないため、早期発見によって進行を遅らせることが肝心だといわれています。

緑内障の原因

目の硬さである眼圧が高まることによって眼球が硬くなり、視神経が圧迫されて傷んでしまうために緑内障になることが多いです。眼圧とは、私たちがきちんと物を見るために、眼球に一定の張りを与えて形を保つ圧力のことをいいます。

眼圧は眼の中の水(房水)の量によって決まります。房水は、隅角という部分から、フィルターにあたる線維柱帯、出口となるシュレム管を通って眼の外に出ていきます。房水の分泌と排出のバランスが崩れて眼圧が高くなり、網膜に広がっている視神経の束である視神経乳頭という部分を圧迫して視神経が障害されてしてしまうことで眼圧が高くなります。

患者本人は眼球内の圧力が高まっていることを自覚することができないので定期的に検診を受けることによって早期に発見することが重要となります。

しかし、眼圧が正常でも視神経がその圧力に耐えられなくて障害が起こる場合もあります。生活習慣の影響などで体内に毒素が溜り房水内の不純物が増えて隅角をつまらせてしまう、老化により房水内に含まれているタンパク質が変性し不純物となって隅角を詰まらせてしまう、などの理由が考えられていますが、はっきりとは解明されていません。

その他に考えられる原因

●血流不良により視神経が衰弱して発症する緑内障

視神経への血流が悪いため、視神経が傷んでしまい緑内障になる場合です。この要因については、詳しいメカニズムが解明されていませんが、眼圧を下げる点眼薬のほとんどが血流も下げてしまうので、これにより緑内障が進行すると考えられています。点眼薬の副作用のほかには、体温が低かったり、冷え性であったり、低血圧であるといった体質が影響している血行不良が挙げられます。また、目を酷使(長時間のパソコンなど)したことによる疲れやストレスも、視神経への血流が悪くなる原因と考えられます。

●事故により隅角が破損したことが原因で発症する緑内障

事故などで顔を強く打ったり、ボールが目に当たるなどの外傷によって眼圧を制御する隅角が損傷し、緑内障を発症することがあります。隅角の損傷により房水を順調に排出できなくなり、眼圧が高まるためです。顔、特に目になんらかの圧力がかかった場合は、すぐに眼科を受診した方が良いでしょう。

●病気や治療薬による副作用が原因で発症する緑内障

糖尿病網膜症、ぶどう膜炎や白内障などの眼病が原因となって緑内障を発症することもあります。糖尿病網膜症の悪化により網膜に酸素が行き渡らなくなった結果として、隅角に新しい血管ができて眼圧を上昇させます。また、アトピー性皮膚炎などの治療に使われる副腎皮質ホルモン剤(ステロイド薬)などの副作用によっても、眼圧が上昇することがあります。これらは続発性緑内障と呼ばれるものですが、緑内障の治療と共に、その原因となる疾患についても治療が必要です。

緑内障の種類

1.原発開放隅角緑内障

眼球内の房水が流出する器官である線維柱帯とシュレム管と呼ばれる場所が目詰まりを起こし、うまく房水が流出されないため眼圧が上昇し、徐々に症状が進んでいきます。他に眼圧が上がる病気が見つからない場合に原発という言い方をします。

隅角とは、線維柱帯を含めての房水の流出路の場所で、角膜と虹彩の間を指す専門用語です。隅角が見かけ上は開放されているのに視神経が障害されている状態です。原発開放隅角緑内障の中には、眼圧が正常な正常眼圧緑内障も含まれています。

2.原発閉塞隅角緑内障

隅角閉塞型緑内障とは、房水の出口である隅角が狭くなって詰まってしまうため(線維柱帯がふさがれる)に、房水が順調に流れ出ることができず、眼圧が上昇して発症する緑内障です。

急速に隅角が閉じてしまうことで、劇的で著しい眼圧上昇を来すことがあり、これを一般に急性緑内障発作と呼びます。急性発作では、眼痛、頭痛、吐き気などの激しい自覚症状が出現します。他に眼圧が上がる病気が見つからない場合に原発という言い方をします。

3.正常眼圧緑内障

眼圧が正常範囲(10~21mmHg)にも関わらず緑内障になる人がいます。これを正常眼圧緑内障と呼び、開放隅角緑内障に分類されます。
視神経の血液循環が悪いことが原因であると言われています。冷え症や偏頭痛、低血圧などの人はリスクが高まると言われています。

近年行われた全国的な調査の結果から、緑内障の約6割が正常眼圧緑内障であり、また欧米にくらべて日本人に多いことがわかりました。
高齢者に多く発症し、また強度の近視の人に多く見られるという特徴があります。高齢者や近視が強い人は、特に注意が必要です。

4.発達緑内障

生まれつき隅角に異常があって眼圧が高くなって緑内障になるものです。乳幼児期など低年齢で見つかるものは進行が早いことが多く、眼球が大きくなってしまう(昔は「牛眼」と呼ばれていた)と眼圧を調整しても視力の障害を食い止めることが難しく、失明のリスクも高いので早期の手術が必要です。新生児の2~3万人に1人くらいの割合で起こります。

5.続発緑内障

様々な目の病気が原因で発症したり、全身の病気を治療する際の副作用として緑内障が起こるものです。外傷、角膜の病気、網膜剥離、ステロイド緑内障、嚢性緑内障、ぶどう膜炎による緑内障、血管新生緑内障等があります。発症する理由はさまざまなので、緑内障の治療はもちろんですが、もととなる病気を把握してきちんと対処することが求められます。

緑内障の検査

1.一般的に最初に行われる検査

●問診

いつから、どのように見えにくいか、自覚症状はあるのかなどの自覚症状についてや、過去に大きな病気をしたことがあるかなどの病歴、家族に同じような病気の方がいるか、現在飲んでいる薬はあるか、などを口頭または記入式で確認します。

●眼圧検査

眼球は房水(ぼうすい)と呼ばれる栄養を運ぶための液体が作られています。適度に排出されることで、眼球はある一定の弾力を保っているのです。この弾力のことを眼圧と言います。しかし、何らかの原因でこの生産と排出のバランスが崩れると眼圧が変化します。検査では機械を用いて、極少量の風を吹きかけて測定する空気圧による測定が普及していますが、ゴールドマン眼圧計測定、シェッツ眼圧計測定という方法もあります。

●眼底検査

眼底の血管や網膜、視神経を調べます。特殊な検査眼鏡を使って、眼底検査は、眼底の血管、網膜、視神経を調べる検査です。眼底は瞳孔の奥にあるため、眼底カメラや眼底鏡という特殊な検査眼鏡を使って観察します。まずは、そのままの眼を観察し、散瞳薬(さんどうやく)という瞳孔を広げる点眼薬を用いてから、再度観察します。

●視野検査

一定の範囲の中で、ランダムに光の点を提示して、光の点が見えたらボタンを押すということを繰り返し、見えない範囲がないかを探る検査です。

●画像検査(OCT:Optical Coherence Tomography)

光干渉断層計と呼ばれています。眼の中の網膜の断面図を見ることが可能です。緑内障の早期診断に用いられます。

●その他の検査

一般的な視力検査などが行われます。

2.緑内障のタイプを診断し治療方針を決めるための検査

一般的な検査を行い緑内障の可能性が高いと判断された場合には、より詳しい検査を行います。詳しい検査を行うことによって、緑内障がどういうタイプの症状を示しているかを見極めて、今後の治療方針を決定していくことになります。

●眼圧の変動チェック

1日の中で眼圧が変動するのか、一番高くなる時間はいつか、また、日が変わると変動するかなどの記録をとっていきます。

●視野の検査

視野が欠けている位置をより細かく確認します。

●網膜の厚さや視神経の形などの検査

眼底の写真から解析を行います。

●隅角検査

隅角とは角膜と虹彩がつくる角度をいいます。専用のコンタクトレンズを目に押し当てて隅角を観察して診断します。麻酔を用いるため痛みはありません。

まとめ

緑内障は発見が早いほど失明に危険性を低くすることができます。痛みのない検査ばかりですので、定期的に受けてみることをおすすめします。

緑内障の治療

緑内障の治療の方針

緑内障は、眼圧が上昇する原因によって、いくつかの種類に分けられます。いずれにせよ、緑内障は何らかの原因によって眼圧が高くなり、視神経が障害されることで視野が狭くなっていく病気です。また、眼圧の数値が正常値範囲でも、その人の視神経にとって負荷が高い場合にも障害されます。現状では、障害された神経が再生するということはないため、緑内障の治療はこれ以上視神経が障害されないように眼圧を下げることが軸になります。

眼圧はどうして高くなるの?

眼球の中に満たされている房水は、常に新しいものが生産されて角膜と水晶体に栄養を与え、代わりに老廃物を受け取って排出されていきます。その排出口を隅角(きょうかく)と言い、隅角には、繊維柱帯という網目状の組織が蓋のようになっています。何らかの原因で排水が上手くいかないと、眼球の中に房水がどんどん貯まってしまうため眼圧が上昇します。

緑内障の治療方法

●点眼薬や内服薬による治療

眼圧を下げる効果のある点眼薬や内服薬が処方されます。眼球の中に満たされている房水の産生を減少させたり、房水が排出されたりしやすくする薬を用いて眼圧を低下させます。緑内障の中には眼圧は正常という人もいますが、眼圧が高くない人でも眼圧を下げることで病気の進行を抑えることができます。

●外科的な手術による治療

投薬を行っても視野の欠損が進行する、すなわち視神経の障害が進んでしまう場合や、何らかの理由で点眼薬が使えない場合等には外科的な治療(手術)が検討されます。手術は隅角周辺の房水の流れをスムーズにし眼圧を低下させる目的で行います。近年は短時間で日帰りで行える手術があります。

□選択的レーザー繊維柱帯形成術(SLT)

繊維柱帯にレーザーを当てることで特定の働きの細胞のみを処理し、房水が流れやすくします。麻酔を用いて行い痛みはほとんどありません。外来での治療が可能です。

□繊維柱帯切開術

手術によって繊維柱帯を切り開いて、房水が流れる道をつくります。

□繊維柱帯切除術

手術によって繊維柱帯の一部を取り除いてしまい、房水が流れる道をつくります。

□隅角癒着解離術(ぐうかくゆちゃくかいりじゅつ)

隅角が狭くなり、繊維柱帯と虹彩という部位が癒着している場合に、その癒着部をはがす手術を行います。

まとめ

緑内障の治療は眼圧の低下がカギとなります。一度障害された神経は元には戻りません。信頼できる医師のもとで早期に治療を開始できることが望ましいのです。

海外での鍼灸治療

視神経に鍼灸が効果があるという分析レポート

視神経が病気や外傷などにより障害され機能しなくなる状態を防ぐ研究です。

原因としては

  • 緑内障
  • 視神経の病気の末期
  • 栄養障害
  • 薬物中毒
  • 外傷

などが挙げられます。

他にも、遺伝によるものもあると言われます。

検査法としては、専門の大学病院にて

  • 蛍光眼底撮影
  • 視覚誘発電位検査

などの検査が行われます。

治療法としては、上記の検査で原因の病気が見つかった場合はその治療を進めていきます。

他には、

  • ステロイド薬
  • ビタミン剤
  • 血管拡張剤

など状態によって治療が行われます。

この視神経の病気は現代の医学では、まだ神経を元に戻すことが困難なため現状維持を目的に治療が進められるようです。

今回はこの視神経の病気に鍼灸が効果的であるというレポートを見つけたのでご紹介します。この研究は北京の人民解放軍陸軍病院で行われたものです。

●目的

視神経萎縮に鍼灸が安全で有効な治療法であることを評価することを目的とした研究です。

●方法

視神経萎縮を鍼灸で治療した、2012年11月までのすべてのランダム化比較研究を対象にメタ分析を行いました。

●結果

1180の目を対象にした13の研究を調査しました。鍼灸の治療または鍼灸と投薬を組み合わせた治療は、投薬だけの治療よりも、全体の効果率、視力、視野が改善しました。視覚感度、P-VEP(パターン視覚誘発電位)テストの結果も同じように鍼灸の治療または鍼灸と投薬を組み合わせた治療に効果がありました。

●結論

鍼灸は視力、視野、P-VEPの改善に関して、投薬治療よりも効果があることがわかりました。今後さらに多くのサンプルを対象にしたクオリティの高い研究を行うことで鍼灸の効果を裏付けることに期待します。

このような結果から、鍼灸を併用することで、治療の効果がより期待できるという結果が出てきています。目に対する治療で鍼灸の効果が期待できる研究がここ近年とても増えてきているように思えます。

目の疾患だけでなく、他の疾患にも西洋的治療だけでなく東洋的な治療が、今後さらに受け入れられることを期待したいですね。

引用:アメリカ国立生物工学情報センター 学術文献検索サイト(NCBI)2013年3月
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23545824

日本での鍼灸治療

視神経の血流促進、眼房水循環の改善を中心に行われています。眼球に鍼をすることはありません。眼のツボは全身にあります。主に首、肩、背中、腕、足、頭にある目のツボに鍼をすることで視神経の血流促進、眼の症状の改善を促します。

緑内障による副作用

緑内障の症状がある生活は、精神的な負担も大きいです。とても大きな不安感を伴いながら毎日生活すると元気が失われて行きます。

  • 不安
  • やる気のなさ
  • イライラ
  • 動悸
  • しびれ
  • 冷え・・・

などの自律神経失調症の症状が出る方も多くいらっしゃいます。日常生活に支障が出る場合がありますのでWHO(世界保健機関)が効果を認めている自律神経失調症の鍼も一緒にケアします。

『肩こり・首の痛みを治したい、でもどこに行けば良いの?』 そんなあなたにご提案です。

  • 初回通常60分29,000円(初診料5,000円・施術料24,000円) → 初回特別価格:3,980円
  •  特典:2回目以降の最大割引を適用 
  • 期間限定キャンペーン
  • 毎月5名限定 → 残り1名
  • 初回通常30分17,000円(初診料5,000円・施術料12,000円) → 初回特別価格:2,980円
  • 期間限定キャンペーン
  • 毎月5名限定 → 残り2名

ご予約・お問合せは今すぐご連絡ください。

ご予約・お問合せ