柿木園鍼灸治療院

自律神経失調症について

頬杖をして悩む女性

はじめに

突然の動機やめまい、頭痛・憂鬱感などの辛い症状・・・いわゆる自律神経失調症で苦しんでおられる方は沢山おられるのではないでしょうか。

そんな方のために、此処では自律神経とは【自律神経のメカニズムに始まり、自律神経失調症の症状まで】、そして自律神経失調症の治療法や改善法をわかりやすくご紹介させていただいてます。

少しでも悩まれる方の救いになれば幸いです。

自律神経とは

自律神経失調症とはを語るには、最初に自律神経を知る必要があります。

自律神経とは簡潔に言いますと、自分ではコントロールできない(心臓を動かしたり汗をかいたり)自動的に働く神経のことです。

なお自律神経は交換神経と言われる神経(活動機能を司る)、そして副交感神経と言われる神経(休息・睡眠昨日などを司る)という2つの神経から成り立っています。

交感神経と副交感神経

交感神経とは

交感神経はおもに昼間の活動してる時 / 緊張してる時 / ストレスを感じている時 / そして、仕事 / 家事 / 運動 / 勉強 / 育児などをしてる時にはたらき、交感神経が働いてる時は、心拍数が増え筋肉が硬くなり血管は細く萎縮し、すぐに反応できる体勢(活動モード)になっているのです。

つまり、例えば仕事の指示を受け臨機応変に動くことが出来る事もですが、家事をテキパキとこなせるのも、スポーツ等で相手の動きに瞬時に反応できるのも、それは交感神経が働いてるおかげなのです。

副交感神経とは

副交感神経は交感神経とは逆におもに夜、食事中 / 入浴時 / リラックスしてる時 / 睡眠時(睡眠時は副交感神経の働きがピークなのです)に働きます。

副交感神経がはたらいてる時は、心拍数は落ち着き、筋肉も緩み、血管もふわっと広がり、胃や腸などの消化器系の動きが活発になっている為、体内では栄養の吸収や老廃物の排出が促されているのです。

つまり夜、副交感神経が働いてる時というのは新陳代謝 / 疲労回復 / 怪我などの修復(治癒)を行う時間なのです。

わかりやすく言えば、マッサージしてる時に気分的にもゆったりし、気持ちよく眠たくなってる時は副交感神経がはたらいてる時間と言えるでしょう。

この自律神経は主に下記のように4つの働きに分けることができます。

●精神の調整

人は、喜びにあふれると笑顔になり、悲しいと涙が出て、驚愕すれば心臓がドキドキするなど感情がありますよね。そういった精神的な変化を体の反応として表す働きがあります。また?眠れない“・“めまい”といった症状が表れるのは自律神経の働きが関係しているのです。

●神経の調整

外部から刺激を受けても体を一定の状態に整えてくれます(*ホメオタシス機能)。
*ホメオタシス:身体機能―その内部の環境を一定の状態に維持しようとする傾向のこと
(上記はhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%92%E5%B8%B8%E6%80%A7を参考に引用させていただいてます)

●内分泌の調整

ホルモン分泌に密接に関係している神経です。ですので、時に女性に自律神経失調症が多くみられるのは性周期(排卵・月経・妊娠・更年期など)がホルモンと深く関係してるからである。

●免疫の調整

身体の内部に細菌・ウイルス等が侵入すれば抵抗力をつけたり、発熱した際に熱を下げようとする・・・病気予防や治癒機能の働きがある。

自律神経失調症について

自律神経失調症とは、不規則な生活、習慣などにより体を働かせる自律神経のバランスが乱れるためにおこる様々な体の不調のことをいいます。

ようは交感神経と副交感神経のバランスが崩れておこるのが自律神経失調症です。

この症状が気になり病院を受診や検査しても、自律神経失調症は内臓などの異常で起こるものではない為、医師からは異常なしと診断されるでしょう。

自律神経失調症のおもな症状

症状:手足の冷え・不眠・めまい・[疲労感・倦怠感]・片頭痛・耳鳴り・肩凝り・ふらつき・[動悸・息切れ]・息苦しさ(過呼吸)・ [吐き気・嘔吐]・情緒不安定・不安感・運転中の症状[パニック障害など]があります。

とはいえ症状の表れ方には個人差があり一概には言えないですが、個人差も大きいのが自律神経失調症の特徴です。自律神経の失調症の症状は1つしかあらわれない方もいますし、3つ4つ表れる方もいます。

さらに同じ症状が長く続く人もいれば、症状が表れたり消えたりを繰り返す方もいます。このように症状が人によって異なり様々なケースがあるのが自律神経失調症であり、症状の特徴でもあります。

次に、上記で触れた自律神経失調症の症状の詳細や症状の解消も紹介していきますので参考にしてください。

手足の冷え

ストレスがあると交感神経ばかりが働いてしまい、筋肉が萎縮し血行が悪くなり手足が冷えてしまう。

つまり体温調節機能がうまく働かず体が冷えると、その体は内臓に体温を集めようとするがゆえに、末端の手足の冷えを発生させてしまうことに繋がるというわけなのです。

●手足の冷えを防ぐ方法

ストレスを解消すること

ストレスをためこんだり、ストレスが多かったりすると交感神経が高まってしまいますので、そうならない為にもストレスを解消することが手足の冷えを予防するのに大事であり、さらに手足の冷えは、間接的に寒気や悪寒にも繋がるので下記の予防方法を実施してみると良いでしょう。

冷え予防対策方法

適度な運動・質の良い睡眠をとるなど副交感神経が働ける時間を長くとれるように心掛ける。なぜなら軽い運動は筋肉にたまった精神的ストレスも解消できますし、何より運動は体内に熱を生み出すので寒気対策にもなるのです。

他にも、体を温めてくれる(生姜(しょうが)湯・黒豆茶・紅茶・ウーロン茶)物を飲む ・湯船にゆっくり浸かる(寝る1時間前が理想)があります。

ようするに、手足の冷えもですが、悪寒や寒気を解消するにはリラックス時間が大切であり身体をほぐし血行を良くすることと言えるでしょう。

不眠

自律神経の乱れからくる(寝付けない・眠りが浅い・夜中に目が覚める・寝不足で昼間に眠気が襲うなどの不眠の症状に悩む人は増加傾向にあるようです。まれに不眠でも運動で体が疲労してたり、リラックスしてれば自然と眠れる方もいるそうですが、けれど自律神経の乱れが起因してる不眠は少しの工夫では容易く(たやすく)眠りにつくことはできません。

●不眠の原因

自律神経の乱れからくる不眠の原因は、ストレスによって交感神経が優位になってるからなのです。先でも少し触れてますが、自律神経は交感神経と副交感神経の2つから成り立っており、この2つの神経が*真逆に、バランスよく交互にはたらくことにより、私たちの健康を維持してくれています。

*交感神経:主に昼間―活動・緊張機能 / 副交感神経:主に夜―休息・修復機能

しかしながらストレスが多い生活ですと、交感神経ばかり優位に働いてしまい、体を回復する副交感神経が十分に機能しなくなるため、不眠をはじめとした様々な不調があらわれてくるのです。

●不眠の解消方法

自分で体をほぐす(ストレッチなど)

あなたはマッサージをされて眠くなった経験はないですか。それは筋肉がほぐれ副交感神経に切り替わり眠くなった証拠なのです。

つまり神経を副交感神経に切り替えることができたら体はリラックスでき、自然と眠くなり熟睡できると共に、疲労や不調は回復され体も軽くなるといわけです。

ほかにも、また睡眠アプリやサプリを利用されるのも一つの方法ですし、眠剤を処方してもらうのも良いのではと思います。

めまい

●めまいの症状

めまいには2種類(*浮動性のめまいと回転性のめまい)あります。

*浮動性のめまい:体にフラフラ感が生じる
*回転性のめまい:周囲がぐるぐると回転してる感じがある

この2種類のうち浮動性めまいが自律神経失調症の症状の1つです。浮動性めまいを詳しく言葉で表せば、立ち上がった瞬間に気が遠くなったり、ふらつきがある、歩いててもフワフワ感があると、とにかくまっすぐ歩いたりという姿勢を維持することが困難になるなどの症状があります。

●めまいの原因

浮動性のめまいの原因であげられるのは、脳の異常 / 体の全身的な異常、ほか交感神経の緊張による自律神経の乱れ(精神的ストレス・過労など)です。

尚めまい以外にも、手足のしびれ / 激しい頭痛などの症状が表れる場合もあります。そんな症状がある場合は早めの診察を受けると良いでしょう。

もし仮に“めまい”の症状が表れて、病院を受診し検査をしても異常が見つからない時は、自律神経の乱れからくる“めまい”と判断してよいかと。

というのも自律神経失調症の症状の1つである“めまい”はストレスを受け交感神経が優位に働くと筋肉がかたく緊張し(このとき体に負担がかかっており血行が悪くなっている)、その結果“めまい”や不調が発生するのです。

●めまいの解消方法

めまいの解消方法はストレスを減らすこと。しかしそう簡単にはいきません。なので、自律神経のバランスを整える事(ストレスにより機能不能になってる副交感神経を活性化すること)が解消に繋がります。

そのためには規則正しい生活・適度な運動・睡眠が大事と言っても過言ではありません。

*自律神経を整える方法の詳細は 最後にご紹介しますので此処では割愛させていただきます。

疲労感・倦怠感

朝から体がだるい(重い)/きちんと睡眠をとってるのに疲れがとれない/疲れやすいといった症状。中には“*慢性疲労症候群”のようなケースもあります。

*慢性疲労症候群:ひどい疲労感や倦怠感が体にあり、布団から起き上がれないことも…。

原因がわからず途方にくれて、体の疲労感などに悩んだり、さらに休日でさえも体を休めるだけで終わったりする人もいるようです。

●疲労感(倦怠感)の原因

原因はストレスです。体に備わってる自律神経は、昼間は交感神経が働き、夜は副交感神経が働くのが正常であり健康の証拠です。

しかしストレスなどで、この自律神経が乱れ異常が生じて、夜に交感神経が働き、昼間に副交感神経が働くようになれば、健康でなくなり自律神経失調症を生み出してしまいます。

つまりストレスで夜でも交感神経が働いてしまい、筋肉がかたい状態がつづき、肩凝りや首コリに・・・結果、体の疲労やだるさがとれない不調に繋がるのです。

●疲労感(倦怠感)の解消法

疲労感などを解消するには、かたくなった筋肉をほぐす事が大事です。

なぜなら、ストレッチなど軽い運動で筋肉をほぐせば血行の流も良くなり、栄養など体内に必要な物質が全身に浸透します。それにより疲労物質や老廃物も排出されるので不調の回復に繋がるでしょう。

整体などに行くと最初に全身の筋肉をほぐしてくれます。それはなぜかというと体の施術は筋肉がほぐれている状態でないと体のメンテナンスができないからなのです。

片頭痛

●片頭痛の症状

片頭痛の症状は人により異なりますが、下記のような症状があらわれるかと思います。

  • 頭の片側のみの痛み
  • 頭の中で脈打つように(ズキン・ズキンと)うずく痛み
  • こめかみ付近や後頭部といった一部の痛み
  • 頭全体の痛み
  • 体を動かすたびに頭痛が襲うといった痛み
  • 吐き気や嘔吐を伴う痛み
  • めまいを伴う痛み
  • 週1もしくは月1回の頻度でおこる頭痛

また片頭痛は20代から40代の女性に起こりやすいと言われています(男性のおよそ4倍とのこと)。上記の片頭痛の症状に長年悩まされてる方は、病院を受診すると良いでしょう。

日常において、たまに頭痛がする位ならば良いですが、もし「今まで経験したことのない頭痛、それに伴う嘔吐や手足のけいれん(麻痺)など感じるときは、何かの病気のサインかもしれませんので医師の判断を仰ぐことが自分の為になると思います。

頭痛のうち9割は、自律神経が関係している片頭痛・緊張型頭痛で病気ではない頭痛ですが、心配な方は病院で受診されることが安心できて良いのではないでしょうか。

●片頭痛の原因

片頭痛はストレスは疲労により、首や頭の周囲の筋肉がかたく緊張し、頭の血管が広がり頭痛が起きるとのことです。

●片頭痛のメカニズム

体が疲労しストレスがたまり、脳内の神経伝達物質(*セロトニン)が大量分泌され、頭の血管が収縮し(細く縮み(ちぢみ))、その反動で頭の血管が広がって、血管が腫れたり炎症をおこして片頭痛に至る…。

*セロトニン: 幸せホルモンと呼ばれる物質。

心と体のバランスを維持する働きがあり、心身が強いストレスにさらされた時、防衛反応が働きセロトニンが大量に分泌される。またこの分泌されたセロトニンが分解され減少していくと、収縮してた血管が逆に広がりすぎて片頭痛を起こるそう…。

つまり簡潔に述べますと、ストレスの多い生活が片頭痛の原因の1つでもあるので、ストレスケアに務める事が大切と言えるでしょう。

●片頭痛の解消方法

片頭痛時の解消方法(対策)は、次のような方法があります。

頭痛で痛む箇所を冷やす

冷やすと広がった血管もおさまってくる為、痛みも緩和されるでしょう。

部屋を暗くし横になる

頭痛時は光に過敏になる傾向があるため、明るいと片頭痛がひどくなることもあるそうです。それから上記と同じく頭痛がひどくなるという理由で、頭痛時は人ごみ/音の大きな場所/明るい場所を避けた方が良いとのこと。頭痛時は部屋を暗くして横になり休むことがベストです…。

頭痛時はお風呂やシャワーを控える

お風呂やシャワーも頭痛時は逆効果で、温めてしまうと血管がより広がって痛みも増すことがあるそう…。ですので、お風呂やシャワーは極力ひかえて、冷やすよういすると良いでしょう。

耳鳴り

●耳鳴りの症状

  • 実際には音がしていないのに“キーン”等の音が聞こえる、数秒で消えるケースが多い(まれ稀に何回か耳鳴りがする事も…。)
  • 音が聞こえにくい感じがある
  • 閉塞感(耳にものがつまってる感じ) がある
  • 心臓の音が聞こえるような感じがある
  • 耳鳴り以外にめまいなど他の症状もあらわれる

●注意点

時々、耳鳴りがあり、すぐにおさまるのなら心配する必要はないと思います。けれど、その耳鳴りが頻繁にある、また耳鳴りがなかなかおさまらなくて、めまいの症状もあるようなら注意が必要で病院を受診することをオススメします。

●耳鳴りの原因

耳鳴りの原因は、ストレスや生活習慣が起因となっているのもあれば、病気が起因となっている場合もありますので“ストレスが原因の耳鳴り”・?病気が原因の耳鳴り“に分けてご紹介します。

ストレス(生活習慣)が原因の耳鳴り

騒音/加齢/ストレス/睡眠不足/運動不足/首や肩の凝り/顎関節や骨格(体全体)のゆがみ

ストレス(精神的負担)の多い生活を過ごしてると、慢性的に自律神経が乱れます。それゆえに耳鳴りをはじめとする体の不調が表れるのです。

病気が原因の耳鳴り

バセドウ病/高血圧症/高脂血症/メニエール病/突発生難聴/更年期障害/急性低音障害感音難聴/自律神経失調症/中耳炎・鼓膜炎・外耳道炎/脳腫瘍・脳出血・脳幹梗塞

病気が原因の耳鳴りは、病院(耳鼻咽喉科・内科)で検査をすれば、何らかの異常が体に見つかるそうです。

それに自律神経の乱れが原因で起こる耳鳴りは、耳に原因はなく「耳鳴り以外の症状(めまい)も表れるのが特徴」と覚えておくと良いでしょう。

●耳鳴りの解消方法

耳鳴りを解消するには、ストレスを解消することです。自律神経の乱れによる症状の解消法はどの症状にもほぼ共通してるので、こちらでは簡単にまとめて、最後にご紹介させていただきます。

  • シャワーで済まさず湯船につかりましょう
  • ジョギングやウォーキングなどの軽い運動またストレッチで体をほぐしましょう
  • 早寝早起きを心がけましょう
  • 3食決まった時間にいただくこと
  • *副交感神経を高める食べ物を摂取しましょう。

*副交感神経を高める物:海藻(食物繊維が豊富)/キノコ類/酢の物/野菜など

動悸・息切れ

●動悸の症状

激しい運動などしていないのに、何かに興奮してる状態でもないのに、次のような急に血圧が上がる/動悸・息切れがしする/胸に圧迫感を感じる/といった症状が表れます。

●動悸の原因

この原因は、ストレスにより交感神経が緊張し脈拍がはやくなったことによるものです。病院を受診し、検査で異常がないとすれば、自律神経の乱れ―自律神経失調症の症状の1つである〈動悸・息切れ〉かもしれません。

脳内がストレスを感知すれば、交感神経が優位になり筋肉もかたくなり、その筋肉の中を通ってる血管もまたストレスで細くなり血行は悪くなります。

つまり、ストレスにより細くなり血が流れにくくなった血管に、血を流すのにポンプの役割の心臓は一生懸命血液を送るのですが、ストレスにより、その心臓が血液を送ることに負荷がかるため、動悸・息切れに繋がってしまうのです。

●動悸・息切れの解消方法

動悸・息切れを解消するには、ストレスを減らし、*自律神経を整え副交感神経を有意にすることです。

*自律神経を整える方法は最後にご紹介

息苦しさ(過呼吸)

●息苦しさ(過呼吸)の症状

  • 呼吸が早くなり息苦しさを感じる
  • 呼吸が浅くなり息を深く吸おうと思っても吸えずに苦しい
  • 喉がしめつけられるような感じがある

●息苦しさ(過呼吸)の原因

ストレスが多いと交感神経ばかりが働いてしまい筋肉が緊張するようになるのです。特に気管支の周囲にある筋肉に、緊張・収縮・けいれんが生じると、うまく息がすえなくなり息苦しさに繋がるのです。

つまり、正常なら呼吸する時は肺がふくらみますが、自律神経失調症を患ってる人は、原因は様々あるものの、もし病院で検査しても異常はない時は、自律神経の乱れが原因で息苦しさの症状があらわれてる可能性が高いでしょう。

この際の症状(息苦しさ)は、就寝時に息がしにくい、酸欠感や息を吸い込めず苦しいと感じるケースが多いそうです。

●息苦しさ(過呼吸)・息切れの解消方法

肺の中の空気を吐きき切りましょう

息苦しい時、息が吸えないと感じてる方が多いのではと思います。けれど実際には“息が吸えない”のではなく“息をじゅうぶんに吐いてない為、肺に空気が残ってる状態なので、息が思うように吸えない”というケースが多いそうです。ですので、“息をしっかり吐ききる”ように意識しましょう。

姿勢を正す

自律神経失調症を患っている人は、背中が丸まり猫背になってる傾向があります。猫背になっていると、呼吸する時に使う横隔膜などの筋肉に重圧がかかり呼吸の妨げになることがあるので、姿勢を正し、胸を開くように心がけると良いです。

肩を下げることを意識する

ストレスの多い人は、無意識のうちに体全体の筋肉に力が入ってるのです。自分では力を抜いてるつもりでも、実際には力が抜けてなくて肩があがってるケースが多いそうです。その状態では、いつも肋骨(ろっこつ)が上がったままなので、良い呼吸ができず、息を吐ききることができません。なので肩があがってると感じたらチカラを抜き肩を下げることを意識してください。

体の緊張をほぐしましょう

自律神経失調症の息苦しい症状の原因は、ほぼストレスからくる筋肉に緊張によるものです。筋肉の緊張をほぐすと、呼吸がしやすくなりますし、交感神経から副交感神経の切り替わりがスムーズに行えて、疲労や様々な不調の改善をサポートしてくれるのです。ある整体のホームページでは、改善できる症状に“自律神経失調症にも…“と掲載されてる所もあります。これは整体での施術により体の筋肉がほぐされて、不調が改善に向かうからです。

まとめ

先でも触れてますが、自律神経失調症は自律神経の乱れ(副交感神経が十分に働いてない事)が原因で起こります。自律神経失調症を治す為には、自律神経を整える事が必要となるので、その方法をいくつかご紹介します。

カフェインをひかえる

刺激物(カフェイン)は交感神経を優位にしてしまう働きがあります。

ゆっくりとぬるいお湯(38度?40度)の湯船につかりましょう

体を温める事で体の筋肉をほぐすことができ、血行がよくなります。(寝る一時間ほど前に湯船につかるのが理想です)

規則正しい生活をしましょう

早寝早起きをすることで、生活リズム(朝は起床、夜は就寝)が整い、自律神経が整っていきます。不眠の方は少しずつ寝る時間を早めていくようにしましょう。寝る2時間ほど前にはパソコンなどをやめる。(パソコンやゲームは交感神経を優位にしてしまうため)布団に入ったらアロマや好きな音楽を聴き、体をリラックスさせると眠りにつきやすくなるでしょう。

毎日、適度な運動をしましょう

運動をするとマッサージしてもらうのと同様に、体の筋肉がほぐれ、呼吸もしやすくなり、結果、副交感神経が働きやすくなって、自律神経の乱れも整いやすくなります。自律神経失調症には、ウォーキング・ヨガ・水泳といった運動がオススメです。

マッサージ(整体など)で体をほぐしてもらいましょう

マッサージで施術してもらった事がある方は誰もが経験あると思いますが、施術途中で眠くなったりしたことはないですか。それは、体をほぐしてもらうことにより緊張してた筋肉(かたくなってた体)もほぐされて、副交感神経が優位に働くようになるからです。

そもそも不調や疲労といった自律神経失調症に悩まされてる人には共通する点があります。その共通点とは、体の筋肉が緊張して固くなってるがゆえに、体の回復機能を司る“副交感神経”が満足に働けてないことにあります。

ですのでマッサージで体全体がほぐれると、働けないでいた“副交感神経”が働けるようになり不調を回復できるようにサポートしてくれるので、自律神経失調症も良くなっていきます。

自律神経失調症を治すためにも、規則正しい生活・決まった時間の食時・ストレスをためないこと・良い睡眠をとること・運動することが自律神経失調症の改善には大切ではないでしょうか。

なお、とある先生によると自律神経失調症の原因は、上記の事柄も原因としてあるでしょうが、他にも足裏の筋肉の衰えにあるとの見解も…。

確かに、道の歴史を振り返ると、ひと昔前の道は道路ではなく砂利道で、その上を歩くだけで足裏・土踏まずが自然と鍛えられてたのではないでしょうか。

けれど現在の道はコンクリートなので、土踏まずなどの足裏を自然に鍛えることは不可能であり、自律神経失調症の原因に足裏の筋肉の衰えが関係してるのは一理あるのではと考察します。

もっといえば、頭から足のつま先まで神経は繋がっていると思うので、体の土台である足裏の筋肉がしっかりしてないと、体にも不調が生じやすくなるのも道理ではと…。

そのことからも体全体にゆがみがあれば、ゆがんでるところに負荷がかかり体の不調につながりやすくなるような気がしてなりません。

何が言いたいかといいますと、自律神経失調症に悩まされてる方が自律神経を整えるためには、自分の努力も大事ですが、体のゆがみや足裏の筋肉にも目を向け、自分に必要な治療を知る事も自律神経を整えるのには欠かせないことではと思います。

自律神経の乱れは体が訴えるストレスサインであることをまず認識し、自分の体の声に耳を傾けることが大事です。自律神経の乱れで起こる自律神経失調症も同じで、解決するには生活習慣の見直しなど、その方にあった治療が大切と言えるでしょう。

(例:不眠症の治療が必要な方は不眠症をまず治すことなど)

自律神経失調症の治療方法も人により異なると思うので、近隣の整体院などにご相談されてみてください。当院でも、自律神経失調症の悩みにも対応しておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

作成にあたり参考にさせていただいたサイト様

(上記の参考サイト様にて一部抜粋・引用・参考にさせていただいてる箇所があります)

ご予約・お問合せ