柿木園鍼灸治療院

眼精疲労?いや目の怖い病気「飛蚊症」かも

目が疲れてる女性

 

飛蚊症をご存知ですか?

まさにその名前の通り

目の前に小さな虫が飛んでいるように見える症状です。

 

目の動きとともに

小さな黒い点が動くので煩わしくなります。

 

 

飛蚊症の原因

眼球の水晶体と網膜の間を満たして

眼球の形を整える働きをしている

透明な硝子体に濁り(硝子体混濁)が生じたりする事が

原因で起きる症状です。

 

 

飛蚊症の症状

その濁りの影が網膜面に映って飛蚊症を自覚しはじめます。

この濁りの形は様々です。

 

小さな球体形のものだけでなく

糸状の細いものや輪っか状のものがあります。

 

これらが眼球の動きとともに移動します。

 

硝子体混濁には老化によるものと

網膜剥離や眼底出血などの眼疾患によるものがあります。

 

目に違和感や虫が飛んでいるように見えた場合は

病院に行って検査を受ける必要があります。

 

もう一つの飛蚊症の原因

網膜裂孔です。

これは網膜剥離につながる可能性があるので注意が必要です。

 

網膜に数ミリ程の穴や亀裂があく網膜裂孔は

穴から滲み出た組織液の影響などで硝子体が濁り

放置しておくと網膜剥離に進行していきます。

 

そして網膜の大部分がはがれ

硝子体の中に浮き上がってきてしまいます。

 

飛蚊症と同時進行で視力が低下する場合は

すぐに病院に行きましょう。

 

失明に至ることはありませんが

強度の近視の人は飛蚊症にかかる事が多いので

 

眼科で定期的に検査を行いましょう。

飛蚊症の症状は意外に気になり

うっとおしく感じますよ。

ご予約・お問合せ