柿木園鍼灸治療院

頭痛の対処法と予防法

 

頭に手を当てて悩む女性

 

■身近な頭痛■

身近な頭痛の名称に
「片頭痛」と「緊張型頭痛」というものがあります。
ここではこの二つの頭痛の原因や症状などについて
説明させて頂きたいと思います。

◇片頭痛◇

・原因
脳の血管が何らかの理由によって
急激に膨張した際に起こります。

膨張した血管が周囲の神経を刺激してしまう事で
物質が分泌されます。

その炎症物質が、さらに血管を膨張させてしまい
悪循環が起きます。
こうして片頭痛が起きるのです。

・原因とは主に何か
一つの例として
状態にあった心身が、ストレスから解放されると
脳の血管が膨張する事があります。

週末や休日などに起こりやすくなると言われています。
また、気圧の変化、光や音の刺激
女性の場合はホルモンバランスの崩れなども誘因だとされています。

・症状
肩こりが起きた後に片頭痛が起こる事が多く
こめかみや目の奥辺りがズキン、ズキンと痛みます。

イメージとしては、目の奥に心臓のような物があり
それが脈打ちながら、痛みを与えてくるようなイメージです。
片側だけ傷む事もあれば、両側が痛む事もあります。

・予防法
自分がどんな環境におかれた際に片頭痛が起きたのか
を記録する事が大切です。

原因がある程度特定出来たら
同じ環境になるのを避ける事で予防ができます。

また寝すぎは片頭痛の引き金になりやすいので
注意が必要です。

・対処法
痛みがある箇所を冷やしましょう。
音や刺激が少ない場所で休むのも効果的です。

 

◇緊張型頭痛◇

・原因
何らかの原因で、頭の近くの筋肉や
肩や首が緊張状態になる事で起こります。

筋肉が緊張すると血行が悪くなり
老廃物が溜まりやすくなります。

それが原因となり
周囲の神経を刺激して痛みが起きるのです。

・原因とは何か
筋肉が緊張してしまう理由の一つとして
長時間同じ姿勢で過ごす」というものがあります。

仕事がデスクワークの方などに起こりやすいとされています。
また、「うつ」が原因となる方もいます。

・症状
倦怠感と共に症状が現れる場合が多く
後頭部付近から首筋や頭など
全体が締め付けられているような痛みを感じます。

数時間で収まる場合
症状が長く続く場合など様々です。

・予防法
猫背ならないように気を付け
正しい姿勢で作業するように心がけましょう。

また、背伸びをしたり、肩を回すなどして
長時間同じ姿勢で過ごす事を避けて下さい。

肩に温かい湿布などを貼って
血行を促進させるのも効果的です。

・対処法
痛む場所を温めましょう。
頭痛の症状が現れたら直ちに作業を中止し
気分をリフレッシュさせて下さい。

 

【人気ブログ「20代なのに肩こりが辛い3つの原因と対処法」はこちらをクリック】
【人気ブログ「30代女性の肩こり、頭痛、吐き気の原因と改善策」はこちらをクリック】
【人気ブログ「肩甲骨はがしのメリットがヤバい」はこちらをクリック】

ご予約・お問合せ