柿木園鍼灸治療院

更年期障害について

頭に手を当てて悩む女性
近年、更年期障害という言葉を耳にした方多いと思います。*更年期、更年期障害って、どういうもの・・・と思う方も沢山おられるのではないでしょうか。

*更年期: 更年期とは、卵巣の働き(女性ホルモンを分泌する)が衰えて機能しなくなり、女性ホルモンが欠乏た状態で体が安定するまでの期間を指します。

【閉経をはさんでその前後10年後位が更年期(現代、平均的な閉経年齢が51歳位なので40代半ば~50代半ばが更年期にあたる)】

ここでは、その更年期障害について分かりやすく解説していきたいと思います。良ければ参考になさってください。

更年期障害とは?

更年期障害は、基本的に女性ホルモンのエストロゲン・プロゲステロンが減ることにより更年期に起こる障害です。

先程、更年期について前述してますが(上記の‴*更年期‴を参照)、更年期が該当する年代は40代半ば〜50代半ば、しかしこの更年期の年代については個人差もあり異なるので一概には言えません。

というのも、人によっては*不規則な生活や生活習慣などが起因となり、30代後半から卵巣の機能が衰えはじめ更年期障害のような症状が表れる人も…。

*不規則な生活や生活習慣:ストレスが半端ない日常・過度なダイエット・徹夜続きなど

なぜ、若いのにも関わらず不規則な生活などで卵巣の機能が衰え始めるのかといいますと、ストレスなど心身に負担のかかる生活はホルモンバランスに響くのです。

更年期の年代に該当する方も、若くで更年期の症状に悩まれる方にも言えることですが、そのホルモンバランスに響く、ホルモンバランスが崩れる―すなわち体の変化に体がついていかないので、体の機能自体に影響が及び、卵巣だけでなく体全体にも不調が表れる・・・それが更年期障害なのです。

更年期障害:メカニズムについて

こちらでは更年期障害のメカニズムについてを詳しくご紹介していきます。

先でも触れていますが、更年期障害は基本的に女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンなど激減することが起因となり起こります。

卵巣の機能や女性ホルモンのエストロゲン等は、脳の視床下部にある下垂体でコントロールされており、その下垂体から女性ホルモンの分泌の指令があり卵巣から分泌されているのです。

しかし、*1卵巣機能が衰えると、下垂体が分泌の指令を出しても分泌もままならず脳の混乱を招きます。

さらに言うと、脳の混乱により女性ホルモンがどんどん分泌されるので、その分ホルモン環境も悪くなり、女性ホルモンが乱れ様々な不調が襲う…。

また女性ホルモンの分泌の指令を出す下垂体がある視床下部は、女性ホルモンや卵巣機能の働きだけでなく、自律神経(体の様々な機能を調整し維持する)もコントールしてるのです。

要するに、卵巣機能の衰え(*1の箇所)による脳の混乱は、女性ホルモンの分泌を異様に増やし、ホルモン環境の均衡を崩してしまうほか、かつ自律神経にまで伝わってしまうという負の連鎖を生じさせ、その結果、更年期障害を引き起こしてしまうのです。

一般的に更年期の年代は女性ホルモンのエストロゲンが減っていきます。このエストロゲンを分泌する脳の視床下部にある下垂体が分泌の指令を出しても卵巣機能の衰えにより分泌されにくくなるので

更年期障害:不調(症状)について

更年期障害には次のような症状があります。

体の症状

だるさ・たちくらみ・疲れやすい・耳鳴り・のぼせ・動悸・ほてり・手足のしびれ・多汗・関節の痛み・手足の冷え・腰痛・肩凝り・頭痛・めまい

心の症状

イライラ・不眠・不安感

上記であげた症状以外にも月経の乱れや月経血の量の減少などもあるそうで、症状の出方やつらさも個人差があり人により異なると思うので一概には言えません。

もし自分が更年期障害になってしまったらと、そんな漠然とした不安ある方もおられるかもしれませんね。

次に更年期障害の治療法についてご紹介していきます。

更年期障害の治療方法

更年期障害の治療法として次の3つの方法があります。

漢方薬

古来より“血の道症”という言葉があり、その言葉のとおり更年期障害は漢方薬が適してるといっても過言ではありません。なぜなら、漢方はその人の証(体質やその時の症状の出方)を診て、適した漢方薬が選ばれるからです。

更年期障害の場合、一般的に血液の滞りを改善する漢方薬が使われるとのこと。血液の滞りを改善する漢方薬を症状別にご紹介します。

  • 症状1:痩身で体力がなく手足の冷えがある方には当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 症状2:体力がなく、のぼせ・冷えがある方には加味逍遥散(かみしょうようさん)
  • 症状3:体力はあるものの、のぼせ・肩凝りがある方には桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
  • 症状4:体力はあるが、のぼせ・冷えが強く、動悸やめまいがある方には女神散(めがみさん)

漢方薬は体質や症状に合うか否かで効果も異なってくるので漢方薬局や漢方を扱う病院にて相談されることをオススメします。

2週間ほど服用してみて効果が合わない場合は漢方薬の処方を変えてもらう、また目的の症状ではない箇所で効果が出れば、服用を続けて様子を見るなど独特の使い方で治療していくのが漢方薬治療です。

さらに漢方薬はひとつの症状を目的に治療するというよりかは、体全体を良い方向へ促しつつ、様々な症状を治すことをメインとした治療法です。

婦人科―特に更年期障害に熱心に取り組んでる医師の中には、漢方に詳しい人もいると思うので、現在、更年期障害に悩まれてて、漢方での治療を望まれてる方は、

漢方治療のクリニック検索サイト(下記にURL記載)などで相談・検索されてみてはいかがでしょう。

漢方外来ナビサイト: http://kampoclinic.net/
漢方のドクター検索サイト: http://www.gokinjo.co.jp/kampo/

ホルモン補充療法

ホルモン補充療法は失われた女性ホルモンを外から補充する治療方法です。かつてはこの療法により、乳がん・子宮体癌が増加することが判明し、現在でも日本では敬遠する人も多々いるようです。

けれど、現在、治療に使用されてるホルモン剤は、副作用(乳がん・子宮体癌のリスク)がないよう、エストロゲンとプロゲステロンを加えてるので、副作用の心配はないと言われてるとのこと・・・昔のホルモン剤とは違うことを認識しておくと良いでしょう。

尚、このホルモン補充療法には、飲み薬・塗り薬・貼り薬とあり、飲み薬は使用方法が3つあります。

使用方法1

エストロゲンを毎日服用し、月の後半に12日〜14日だけエストロゲンとプロゲステロンを一緒に服用する方法。こちらは、月経も再開するため閉経後まだ間もない人で、出血があっても良いという方に使われます。

使用方法2

毎日、エストロゲンとプロゲステロンを服用する方法。こちらは、出血があってもだんだん少なくなっていきます。

使用方法3

エストリオール(エストロゲンの一種)を服用する方法。このホルモン剤は作用が弱い為、単独で使用しても子宮体癌などを起こす心配はないとのこと…。こちらは、60歳をすぎてからホルモン補充療法を希望してる方にも使用されています。

ホルモン補充療法の効果は色々な研究によりますと、特にほてり・のぼせ・性交痛などの症状には早くからの効果が現れ、早い人では服用後2日~3日で果があるようです。

基本、一ヶ月もたてば元気な頃のように回複の兆しが…。ただ、不安感や不眠といった精神症状には、効果が落ちるとのこと…。

心のケア

更年期障害による精神的なものにも、先程ご紹介した漢方薬療法やホルモン補充療法も良いですが、近年はSSRI(抗うつ不安薬)も出てるので、そういったお薬を使用されるのも良いかもしれません。

また自分の今の心理状態を知る為、感情の生理をするためにも、カウンセラーにアドバイスいただけるカウンセリングもオススメです。

上記では40代半ばあたりからなる更年期障害についてをご紹介してきましたが、此処からは若年性更年期についての色々をご紹介していきます。

更年期障害は基本、40代半ばからと言ってますが、実は最近、30代半ばの女性でも生理不順になるなどの更年期障害によく似た症状に悩まれてる方も多いそうです。

30代半ば、もしくは40代前半の女性に更年期の症状が現れる事を若年性更年期と言います。

若年性更年期について

若年性更年期が起きる原因は、冒頭の方でも紹介してる通り、ストレス・不規則な生活(食生活も含む)やダイエットなどです。

心身に負担がかかるような生活が起因となり女性ホルモンの分泌(バランス)が乱れ、若いのにも関わらず、卵巣機能が低下してしまった状態が若年性更年期です。

卵巣機能が低下してしまうとのぼせ・ほてり・手足の冷え・めまいといった更年期障害に似た症状がみられるように…。この若年性更年期に起こる不調は若年性更年期障害と呼ばれています。

若年性更年期の不調に悩まされると、更年期障害を迎えた時の症状もひどく現れることもあるそうですので、若年性更年期にならないようにするためにも、規則正し生活などを心がけることが大事です。

後ほど、更年期を上手にすごすための方法をご紹介させていただきます。

更年期障害・・・いつかは誰でも通る道だと思うので、今から更年期障害のことについて知っておくのは自分の為になること間違いないでしょう。

更年期を上手にすごすための方法

更年期障害は、女性ホルモンの1つエストロゲンの減少することで引き起こされる障害ですが、その他にも障害の起因となると言われてる事があります。

それは、その人を取り巻く環境です。

どういうことかというと、これは個人差などもあり一概には言えませんが、一般的に更年期は子供の独立や親の介護・職場での立場・人間関係の変化といった、生活が変わる時期と重なるのでストレスも生まれやすくなるのです。

そのストレスを感じやすい環境にいることは、より心身が不安定になりやすく、症状も悪化しやすくなってしまうので、結果として更年期障害の起因の1つにもなりえるという訳なのです。

また更年期の期間というのは人生の折り返し地点でもあり「更年期だから」と、必要以上に恐れてはいけません。更年期を恐れたり不安に思うのではなく、家族や友人に会話を通して理解を得たり、また積極的に体を動かすことも大事です。

体を動かすことはストレス発散にもなり、足腰や筋肉を鍛えるという意味でも体にも良いので、積極的にスポーツに取り組むのもオススメです。ほかにも、趣味に勤しむのも良いでしょう。

大切なのは人との交流です。人との交流は気を紛らわしてくれますし、何より認知症予防にもなり、新しい風を運んできてくれるので心も明るくなれます。

自分ができること、したいことを楽しみつつ、悩みやストレスを解消し、乗り越えていくことが更年期を上手に過ごす方法ではと思います。

もし自分自身で更年期か否か分からない時、もしくは日常生活が続けられないほどつらい症状に悩まされるときは、医療機関の受診することをオススメします。

また更年期と思っていても、他の病気が隠れているなんてこともあり得るので、木をつけるに越したことはないです。

ほかに、薬局などで販売されてる医薬品を使用し、症状を緩和するのも更年期を乗り越えるための一つの手段と言えるでしょう。

更年期かどうかをチェックする方法もあるので、気になる方は、良ければあるサイト(下記サイト)でチェックされてみてはいかがでしょうか。

更年期症状チェックは↓からどうぞ。
http://www.kobayashi.co.jp/brand/inochinohaha/hahaa/check/

まとめ

更年期と一口でいっても、先の人生はまだまだ長いです。ですので先程もふれましたが、更年期を迎えても更年期障害に悩まされる人と気にならない人に分かれます。

悩まされる人の中には寝込むほど調子も悪く日常に支障を来す人もいますし、気にならない人は気にせずに日常生活に支障をきたさずに過ごせるでしょう。

その違いは何でしょうか。それは環境にもよりますが、その方の捉え方にもよるのではと思います。

更年期は一般的に大きな意味で色々と周りが変わる時期でもあるので、ストレスも多かれ少なかれ生じるかと・・・けれどもその環境をどうとらえるかで(できれば前向き思考が理想ですが)、乗り越えることは可能ではないかと考えます。

更年期障害に悩まされる人に該当するのは、完璧主義な人や神経質でクヨクヨしやすい人だそうで、更年期だからというマイナス思考では、どんどん不調の波が押し寄せて自分自身が負の連鎖が逃れられなくなってしまいます。

けれど、逆に更年期でも、それを逆境と捉えられる人は、更年期を気にせず過ごせると思います。人は楽しんで生きていくという考えになれたら体や思考も自然とそのようになっていくのではないでしょうか。

現在、ホルモンに欠乏による更年期障害の症状は、上記で紹介した治療法(漢方薬療法など)でかなりコントロールが可能です。更年期になっても病院や治療法があると思えば、不安なども軽くならないでしょうか。

規則正しく生活や日常でストレスを溜めない事もですが、そういった前向きな姿勢で生きていくことが何よりの予防法であり、更年期障害を乗り切る手段でもあると思います。

また更年期をどう過ごすかによって、その時期の更年期障害だけでなく、その次に音おとずれるであろう老年期の健康にもかかわってくると言えます。

更年期をすぎれば女性には骨粗鬆症(こつそそうしょう)や高脂血症(脂質異常症)などの病気が現れやすくなるので、こうした病気を防ぐためにも、そしていかに老年期を健康に過ごせるかという意味でも更年期の過ごし方如何で、老年期を健康に生きれるかの鍵となるのです。

そうはいっても、くじけそうなときもあるでしょう。

だからこそ近所の人との会話や交流もですが、楽しい時間を多く過ごすことと笑う事が、更年期や老年期をより楽しくする秘訣ではないでしょうか。

さいごに

独りで悩まないでください。

こちらの整体でも、更年期障害にも対応しているので、良ければお気軽にご相談くださいませ。ほかに、次のような更年期障害で悩む人の心の拠り所になるようなサイト(http://www.kagayaki-project.jp/)もあるので 御利用されてみてはいかがでしょう。

趣味やスポーツを通して交流の輪を広げることで笑顔も生まれると、更年期の悩みも吹き飛んでいく、そう信じる事も大事ですし、何事も楽しむことが一番ではと思います。

作成にあたり参考にしたサイト様
http://www.jfpa.info/wh/body_information/detail/index.php?aid=355
http://www.kobayashi.co.jp/brand/inochinohaha/hahaa/kounenki/

ご予約・お問合せ