柿木園鍼灸治療院

首こり・首の痛みの予防

 

首こり・首の痛みの予防のまとめ

 

原因や治療ページでも触れているように
首こり・首の痛みの予防には筋肉を柔らかい状態に保ち
血行不良に気を付けることが大切です。

 

自分に合ったものを使用する

枕やマットレスなどの寝具が
体に合っていないまま使用すると
首や肩へ負担がかかることになります。

朝起きた時から首や肩が痛い
疲れが取れないと感じる方は
寝具を見直してみましょう。

眼鏡やコンタクトレンズが合っていない場合には
目の疲れを通じて首の筋肉の緊張状態に
繋がってしまいます。

 

うつむき姿勢を減らす

スマホ操作や読書はうつむき姿勢となり
その姿勢で集中して長時間過ごしてしまうと
首への負担はかなり大きくなります。
習慣的にうつむき姿勢をしていると
首の前弯カーブが損なわれ

ストレートネックの引き金にもなってしまいます。
スマホ操作はほどほどにし
読書の際には真下ではなく
視線が少し斜め前になるように本を持つなど
ちょっとの心がけで首への負担を減らしましょう。

 

体を冷やさない

冬の寒い時期には寒くて身を縮めたり
筋肉が緊張してしまうため
首・手首・足首を温めて
体全体を冷やさないように気を付けましょう。

夏でも冷房により意外にも体が冷えてしまうため
カーディガンなどを用意しておきましょう。

体を温める飲み物・食べ物を摂取することや
シャワーで済ませず湯船にゆっくり浸かることも
効果的です。

 

適度な運動やストレッチ

休日には散歩やランニング
趣味のスポーツがあれば
ストレス発散にも効果的です。

長時間のデスクワークや車の運転など
同じ姿勢が続く場合には
休憩時間を作り首筋を伸ばしたり
力を抜くなどして凝り固まらないように
ストレッチしてみましょう。

就寝前にも

肩・肩甲骨まわりの
ストレッチをすることで
首の筋肉もリラックスでき
副交感神経が優位に働くため
質の良い睡眠がとれます。

 

お客様の口コミ・声はコチラをご覧ください。

ご予約・お問合せ