柿木園鍼灸治療院

もしかして、あなたはスマホ老眼かも

老眼 おばあちゃん

 

最近よく耳にするスマホ老眼。

老眼なんて20代や30代でならないだろう。
と思っている人も多いと思います。

実際老眼は40代くらいからなる人が多く
50代ではほとんどの人が自覚症状が出てきます。

 

老眼とはどのような状態?

目の調節機能が衰えてしまった状態の事です。

水晶体の周りにある毛様体筋という筋肉が
ものを見るときに水晶体の厚みを調節しています。

これによってピントが合うのです。

しかし、人間の身体と同じで年齢を重ねると筋力は低下していきます。
それは毛様体筋も同じです。

毛様体筋の筋力が低下すると
水晶体の厚みを調節する事が出来なくなります。

それはスマートフォンや
パソコンの見過ぎの人にも同じような事が起きます。

長時間画面を見ていることの多い人は
目の周りの筋肉が緊張し柔軟性がなくなります。

そしてうまくピントを調節する事が出来ず
小さな文字が見にくくなったり
薄暗い場所で物が見にくくなったりします。

老眼トレーニング

ピント調節に関係のある毛様体筋を緩めるトレーニングをしましょう。

毛様体筋が緊張したままだと
水晶体の厚みを薄くする事が出来ません。

この状態では遠くのものがぼやけて見えてしまいます。

まず片方の目は閉じます。人差し指を出して
その指先に焦点を合わせます。

指を近づけたり、だんだん離して行ったり。

指先だけを見つめるようにして行います。
両目でも出来ます。

目の奥に痛みを感じる場合がありますが
それは毛様体筋をしっかり使えている証拠です。

1日数分で良いのでトレーニングしてみましょう。
これでピント調節機能が回復します。

ご予約・お問合せ