柿木園鍼灸治療院

五十肩が良くなる人、良くならない人

五十肩ってよく耳にしますね。

でも肩こりと何が違うのか
よくわからなかったりしませんか。

まずはこの病名だと50歳になったら
五十肩になると思ってしまいますよね。

でも20代でも五十肩になってしまいます。
というのは五十肩とは
肩関節周囲炎の事だからです。

肩こりの場合ここが痛い!
とわかりやすかったりしますが
五十肩の場合ピンポイントで
ここが痛いと言えなかったりします。

炎症期には
肩から腕にかけて全体的に痛みが出たり
関節の奥の方(触れない部分)で

痛みが出たりするからです。

五十肩の特徴としては
結髪動作、結帯動作が出来ない
腕が挙がらない、
洋服の着脱が困難、雑巾掛けの動作が出来ない。

動かしていないのに
夜寝ている時に痛みがある(夜間痛)
です。

治療をしないでも
軽度であれば治ってしまうことも
良くあります。

ただ
しっかり治療を受けないと
拘縮といって腕が全然挙がらなくなってしまう
こともあります。

この場合運動療法といって
挙がらなくなった腕の可動域を
改善する治療を行います。

ひどい状態だと完治するのに
一年かかってしまう方もいるので
早めの治療をオススメします。
(炎症期、拘縮期だと治療内容も治療期間も変わってきます。)

柿木園鍼灸・整体院
院長 柿木園(かきのきぞの)純平

070-1034-7782
info@kakinokizono.com

〈アクセス〉
・新宿御苑前から徒歩2分
・新宿三丁目駅から徒歩6分
・新宿駅から徒歩13分

ご予約・お問合せ